新日本プロレス、スターダム運営「ブシロードファイト」を完全子会社に 棚橋社長「日本のプロレスの素晴らしさをより広く…」

6

2024年04月23日 17:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

棚橋弘至社長 (C)ORICON NewS inc.
 新日本プロレスは23日、先日行われた取締役会において、スターダムを運営するブシロードファイトの全株式をブシロードから取得することを決議したと発表。これにより、6月28日よりブシロードファイトは完全子会社となる。

【全身カット】ライオンマークの前で楽しげにポーズを取った棚橋弘至社長

 今回の株式取得の目的は「ブシロードグループのスポーツユニットにおける事業の重複業務を削減し、事業効率の向上を図るため」。今回の発表を受けて、新日本プロレス社長の棚橋弘至、ブシロードファイト社長の岡田太郎氏がコメントを寄せた。

■棚橋弘至
合同興行、IWGP女子王座やSTRONG女子王座の設立など、さまざまな形で協力をしてきた新日本プロレスとスターダムですが、バックオフィスの部分でも連携できることがまだまだたくさんあります。大会日程の調整や会場の確保も連携していくことでビッグマッチの日程をなるべく被らないようにしたり、プロモーション活動やスポンサー営業なども協力していくことで、より幅広い層にアピールすることができます。

連携を強めるために、子会社化して意思決定を迅速にし、経営の効率性を高めていくことが、それぞれのプロレスを日本中そして世界中のより多くの皆様にお届けすることにつながると考えました。ファンの皆様、今後とも新日本プロレスならびにスターダムを応援のほど、よろしくお願いいたします。

■岡田太郎
2019年よりスターダムがブシロードグループの一員となってから、東京ドームでの提供試合、IWGP女子王座やSTRONG女子王座(NJoA管理)の設立、2022年11月の合同興行など、様々な形で新日本プロレスと協力してまいりました。

そこから4年以上の月日が経ち、昨年末からスターダムの体制改革を断行していく中で、よりバックオフィスでの連携ができるのではないかというところから今回の経営判断、発表に至りました。リング上の協力もさることながら、バックオフィスの部分でも連携することにより、日本のプロレスの素晴らしさをより広く世界中の皆様にお届けできると考えております。

もちろん、それぞれのリング上は変わらずに今後も進化を続けてまいります。今後ともスターダム、そして新日本プロレスへのご声援、何卒よろしくお願いいたします。

このニュースに関するつぶやき

  • 年に1回とかでも良いから完全な合同興行のビッグマッチとか見たいね、新日もスターダムも出て行った奴らに負けるな!
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定