現預金0円「貯蓄ができない性格」65歳男性が語る自由気ままな年金生活

5

2024年04月23日 20:11  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

老後の心配事といえば、やはりお金。現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All Aboutが実施したアンケート調査から、東京都在住65歳男性のケースを紹介します。
金融庁の報告書に端を発して話題となった「老後2000万円問題」など、老後の心配事といえばやはりお金ではないでしょうか。もっと出世しておけばよかったと現役時代に後悔を持つ人もいるようです。

現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All Aboutが実施したアンケート調査から、東京都在住65歳男性のケースをご紹介します。

回答者プロフィール

回答者本人:65歳男性
同居家族構成:本人のみ
居住地:東京都
リタイア前の雇用形態:正社員
リタイア前の年収:600万円
現在の貯蓄額:預貯金0円、リスク資産:0円
現役時代に加入していた公的年金の種類と加入年数:厚生年金40年

現在受給している年金額(月額)

老齢基礎年金(国民年金):5万円
老齢厚生年金(厚生年金):15万円
障害基礎年金や障害厚生年金(障害年金):なし
遺族基礎年金や遺族厚生年金(遺族年金):なし
その他(企業年金や個人年金保険など):なし

「一人で暮らすには充分」

現在の年金額について満足しているか、の問いに「満足している」と回答した今回の投稿者。

「一人で暮らすには充分だし、時々旅行にも行ける」と、充実した生活を送ることができているようです。

ひと月の支出は約「20万円」。年金だけで「毎月賄えている」と回答されています。

「余った分は競馬とパチンコで使い果たす」

「性格上、貯蓄できないので、余った分は競馬とパチンコで使い果たす」と、発言から豪快な性格がうかがえる投稿者。

しかし「貯蓄が無く独り身で子どもも居ないので、いわゆる終末期に不安が残る」と、将来については心もとなさを感じている様子。

節約は苦手であるものの、「ポイントサイトの利用や、インフルエンサーをSNSでフォローして情報収集につとめつつ、ポイ活している」と、少しでも収入を増やす工夫をしているそうです。

「家族の居ない暮らしが急に寂しくなった」

今の生活の喜びを伺うと、「繁忙期を避け、安価な時期に思い立ったら旅行に行ける。現役時代は休みが取れず行けなかった離島巡りの制覇を、今は目指している」と、リタイア後の生活は悠々自適に見えます。

年金生活を謳歌しているように見える投稿者ですが、実は「結婚を真剣に考えるべきだった」と後悔しているのだそう。

「(現役時代は)趣味を優先して仕事のモチベーションにしていたので、家族を支える事は考えなかった。それが定年になって年金暮らしになると、妻も子も孫も居ない暮らしが急に寂しくなり、年甲斐も無くマッチングアプリの利用を始めた」と、未練も吐露されていました。

※本文カッコ内の回答者コメントは原文に準拠しています
※エピソードは投稿者の当時のものです。現在とはサービスや金額などの情報が異なることがございます
※投稿エピソードのため、内容の正確性を保証するものではございません
(文:あるじゃん 編集部)

このニュースに関するつぶやき

  • 姉の娘や孫が正月に来た時、お爺ちゃん気分を満喫してる。母も施設で長生きしてるので、独り身の感覚は無い。貯金等は4800万ほどあるし、株も時価5400万あるから金銭的な不安は特に無い。もうすぐ年金受給者に。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

前日のランキングへ

ニュース設定