ハンドメイド大好きママが余ったはぎれで子どもたちのために…… 愛情がつまった作品に「私もはぎれの山で何か作りたいな」「お子様もるんるんですね」

8

2024年04月23日 21:08  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

大量のはぎれを整理&消費していきます

 小さなはぎれをパッチワークして、子どもたちの洋服を作る様子がYouTubeチャンネル「手づくりな毎日 はりやまのまちこ」に投稿されました。鮮やかな手際とすてきな仕上がりに思わず見入ってしまうこちらの動画は、記事執筆時点で15万回以上再生され、1700件をこえる高評価を獲得しています。


【画像】ママの力作を喜ぶ子どもたち


●昭和レトロ好き3児のママがはぎれを使った子ども服作りに挑戦


 動画の投稿主は、2023年7月からアメリカに住んでいるまちこさん。まちこさんは昭和レトロが大好きな3児の母で、洋服や小物、ごはんやイラストなどさまざまなものを手作りして、その様子や作った物たちをSNSに投稿しています。


 だんだんと暖かくなってきて、春を感じられるようになってきた今日この頃。季節の変わり目ということで春用の生地が欲しくなってきたまちこさんですが、まずは家にあるはぎれを整理、消費することに。


 まちこさんによると、服を作るとどうしても細長いはぎれがたくさん出てしまうのだそうです。今回はそのはぎれをつなぎ合わせて、長女と次女の服作りに挑戦していきます。これまでパッチワークした布で小物やカーテンは作ってきたけれど、洋服を作るのは今回がはじめてなのだとか……!


●手際よくスカート2つとシャツを作っていく様子に見入ってしまう


 まずは取り出したはぎれの色合いや模様を見つつ、今回作りたい次女用のスカートをイメージしながらはぎれを長方形にカット。ひたすら作業を続けてスカート作りに必要な幅を確保し、それぞれのはぎれの幅を10センチ程にそろえたら、色と模様のバランスを見ながら配置を考えていきます。


 おやつタイムを挟み、お次は長女用のスカート作りをスタート。こちらははぎれというには少し大きな布をメインに使い、足りない部分はパッチワークで補うことに。


 カットしたはぎれは縫い合わせる前にアイロンをかけて整え、その後は「これまで作った洋服1つ1つの思い出が集結しているみたいだ」と思いながら、ひたすらはぎれを縫い合わせてつなげていきます。


 お次はパッチワークした布を筒状に縫い合わせ、ごわごわしないように三つ折りになる部分の縫い代を切り落として裾を縫い、腰の部分はギャザー寄せ。さらにつぎはぎした布でウエストベルトを作って縫い付け、ゴムを入れるためのステッチを入れます。


 ここまで終わったら、次は長女用のスカート作りへ。作り方は次女用のスカートとほぼ同じということでどんどん縫っていきつつ、長女用にシンプルなシャツも作ることに。本の型紙を元に、サイズや仕様を少しアレンジして作っていきます。


 最後にシャツとスカートにゴムを入れ、カラフルなスカートとシンプルでかわいいシャツが完成しました! スカートとシャツを身につけてうれしそうな娘たちの姿を見つつ、スカートがはけなくなってもミニカーテンにリメークできそうだなぁ……と思うまちこさんなのでした。


●「子どもの頃を思い出しました」「ずっと笑顔で見ていました」の声


 こちらの動画には国内外から「子どもの頃、母が夜なべして手袋を編んでくれたり母の着れなくなった服を私のブラウスに直して手縫いしてくれたことを今でも鮮明に覚えています」「気づけばずっと笑顔で動画を見ていました」といった、やさしい声が寄せられています。


 まちこさんは同チャンネルとInstagram(@machiko_hariyama)に、日々の裁縫の様子や料理の写真、イラストなどをたくさん投稿しています。


画像提供:YouTubeチャンネル「手づくりな毎日 はりやまのまちこ」


このニュースに関するつぶやき

  • 刺繍や編み物は途中放棄しても再開しやすいけど、大物縫い物は時間のやりくりが難しいな…
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定