ドジャース・大谷翔平が2戦連発の6号ソロ 今季最速191キロ弾でOPSもMLB全体トップ浮上

0

2024年04月24日 11:04  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

6号ソロを放った大谷翔平
◆ 大谷翔平が2戦連発の6号ソロ

 ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手(29)が現地時間23日のナショナルズ戦に「2番・指名打者」でフル出場。第5打席で6号ソロを放った。

 ナショナルズ先発は、今季2度目の対戦となるベテラン左腕コービン。ナショナルズ・パークでの初打席は、フルカウントから外角低めのスライダーに手を出すも、バットを真っ二つに折られ、二ゴロに終わった。

 1点を追う3回表、一死一塁で迎えた第2打席はカウント2-2から内角高めのシンカーを捉えたが、中直で凡退となった。

 5回表、二死二塁の同点機で迎えた第3打席はカウント2-0から内角のフォーシームを打ち上げ、センター定位置付近への中飛に倒れた。

 同点の7回表、二死走者無しでの第4打席は3番手右腕ウェームスと対戦。4球続けて見送り、四球で出塁。続くフレディ・フリーマンの右前安打で三塁へ進んだが、ウィル・スミスが凡退し、勝ち越し点には繋がらなかった。

 2点リードの9回表、先頭打者として迎えた第5打席は6番手右腕マット・バーンズと対戦。カウント1-0からど真ん中に入ったスプリットを完璧に捉え、打った瞬間確信の6号ソロ。今季最速となる打球速度118.7マイル(約191.0キロ)の一発を右翼スタンド2階に叩きこみ、貴重な追加点を挙げた。

 この試合の大谷は4打数1安打、1本塁打、1打点、1四球の内容で連続試合安打を8試合、連続試合出塁を21試合に更新。今季成績は打率.364、OPS1.107で、ともにMLB全体トップの数字となっている。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定