“馬”キャラといえば? 3位「金色のガッシュベル!!」ウマゴン、2位「ヒプマイ」碧棺左馬刻、1位は「進撃の巨人」ジャン <24年版>

14

2024年04月24日 12:51  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

『「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」Rhyme Anima +』キービジュアル(C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima製作委員会
4月24日は日本ダービー記念日です。

1932年の同日、イギリスのダービーステークスをモデルとした東京優駿大競走、現在の東京優駿(日本ダービー)が初開催されたことを由来としています。なお今年の第91回日本ダービーは5月26日に行われる予定です。


アニメには馬にまつわるキャラクターが数多く登場します。暴れ馬を華麗に乗りこなしたり、駿馬のように猛スピードで走ることができたり、馬をモチーフとしたキャラクターだったりと、作品によって描かれ方もさまざまです。


そこでアニメ!アニメ!では「“馬”キャラといえば?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。4月11日から4月14日までのアンケート期間中に426人から回答を得ました。
男女比は男性約40パーセント、女性約55パーセント、無回答が約5パーセントで、女性が多め。年齢層は19歳以下が約40パーセント、20代が約15パーセントと若年層が中心でした。


■『進撃の巨人』ジャン 4年連続トップ!

第1位

1位は『進撃の巨人』のジャン・キルシュタイン。支持率は約20パーセントで、4年連続トップでした。

「エレンたちから馬面だとネタにされるシーンがあるから」や「ジャンに似ていると言われたエレンが“オレはあんな馬面じゃねぇよ…”と否定していたのには笑いました」、「劇中では馬キャラだと認識されているし、現実でもジャンをイメージしたアクセサリーが馬の蹄鉄になるくらい。もはや公認レベルだと思う」とグッズまで馬にまつわるアイテムとなっています。
「仲間からよくイジられていますが、誰よりも現実主義でしっかり自分を持っているのが素敵。ファンが多いのも頷けます」と共感を誘う描写が多いところも人気の理由です。

第2位

2位は『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』の碧棺左馬刻。支持率は約14パーセントで、4年連続の2位でした。

「左馬刻」(さまとき)と名前に「馬」の漢字が入っていることから票を集めています。「火貂組の若頭だけど妹や子どもには優しかったり、実は人参が嫌いだったりと、ギャップが大好き」や「血気盛んで荒々しい性格が気性の激しい暴れ馬らしい」、「MAD TRIGGER CREWのメンバーは名前に動物の名前が入っています。TVアニメ第2期では楽曲『ジンギ(Pay Respect)』を披露した際には、馬に乗った演出もありました」とラップが印象的だったというコメントも届きました。

第3位

3位は『金色のガッシュベル!!』のウマゴン。支持率は約7パーセントで、昨年の同率6位からランクアップしました。

ウマゴンは子馬のような見た目をした魔物です。読者からは「ガッシュの親友で、最初から最後までカッコいいウマだった。“メルメルメ〜”しか喋れないのも可愛い」や「普段は小さな子馬ですが、変身すると一本ツノがたくましいユニコーンのようなビジュアルになるのをよく覚えています」、「仲間のために勇気を振り絞る姿が最高! ガッツあるぜ!!」と愛らしい見た目と底力が人気。現在はYouTubeで毎日1話ずつ無料配信されていることもあり、懐かしい気持ちで視聴しているという読者が多かったです。



■そのほかのコメントをご紹介!

『群青のファンファーレ』風波駿には「馬の性格を見抜く観察力があり、臆病な競走馬の心に寄り添いながら調教をして勝利に導いたときはとてもカッコ良かったです。土屋神葉さんの爽やかで優しい声も彼の魅力を引き立てています」。
『ゴールデンカムイ』キロランケには「馬をこよなく愛しているキロちゃんは馬肉を食べない! 競馬場ではジョッキーとしても活躍していたから」。

『機動武闘伝Gガンダム』風雲再起には「東方不敗ことマスターアジアの愛馬。今年は『Gガンダム』30周年で、いろいろな展開が噂されているので楽しみ」。
『ウマ娘 プリティーダービー』テイエムオペラオーには「彼女が活躍する『ROAD TO THE TOP』の劇場用再編集版が上映されるし、新作『新時代の扉』にも登場するから。世紀末覇王としての姿を早く見たい!」と映画の公開を控えたタイトルにも投票がありました。

2024年版でもバラエティに富んだウマキャラが集結。バトルもしくはスポーツにまつわるアニメが目立っており、足の速いキャラクターが多いのも特徴となっています。

■ランキングトップ10

[“馬”キャラといえば? 2024年版]
1位 ジャン・キルシュタイン 『進撃の巨人』
2位 碧棺左馬刻 『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』
3位 ウマゴン 『金色のガッシュベル!!』
4位 ミドリマキバオー 『みどりのマキバオー』
5位 トウカイテイオー 『ウマ娘 プリティーダービー』
6位 スペシャルウィーク 『ウマ娘 プリティーダービー』
7位 千切豹馬 『ブルーロック』
8位 赤兎馬 『Fate/Grand Order』
8位 草摩依鈴 『フルーツバスケット』
10位 驪駒早鬼 『東方Project』
10位 ツインターボ 『ウマ娘 プリティーダービー』

(回答期間:2024年4月11日〜4月14日)




■ランキングトップ20

[“馬”キャラといえば? 2024年版]
1位 ジャン・キルシュタイン 『進撃の巨人』
2位 碧棺左馬刻 『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』
3位 ウマゴン 『金色のガッシュベル!!』
4位 ミドリマキバオー 『みどりのマキバオー』
5位 トウカイテイオー 『ウマ娘 プリティーダービー』
6位 スペシャルウィーク 『ウマ娘 プリティーダービー』
7位 千切豹馬 『ブルーロック』
8位 赤兎馬 『Fate/Grand Order』
8位 草摩依鈴 『フルーツバスケット』
10位 驪駒早鬼 『東方Project』
10位 ツインターボ 『ウマ娘 プリティーダービー』
12位 キタサンブラック 『ウマ娘 プリティーダービー』
13位 ゴールドシップ 『ウマ娘 プリティーダービー』
13位 ライスシャワー 『ウマ娘 プリティーダービー』
15位 風雲再起 『機動武闘伝Gガンダム』
16位 サジタリウス 『FAIRY TAIL』
17位 ジョニィ・ジョースター 『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』
18位 キロランケ 『ゴールデンカムイ』
18位 黒王号 『北斗の拳』
18位 ディーノ 『家庭教師ヒットマンREBORN!』
18位 ブルズアイ 『トイ・ストーリー』
18位 ヤマナミさん 『アニマル横町』

(回答期間:2024年4月11日〜4月14日)

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。

このニュースに関するつぶやき

  • 「ウマ娘」のキャラが多くランクインしていますし、雑誌の企画でマキバオーとタマモクロスが夢の共演を果たしたイラストがあったのを思い出しました。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定