【ディズニーリゾート】新ホテル「ファンタジースプリングスホテル」 オープンに先駆けホテル内をリポート!

11

2024年04月24日 13:20  OVO [オーヴォ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

OVO [オーヴォ]

【ディズニーリゾート】新ホテル「ファンタジースプリングスホテル」 オープンに先駆けホテル内をリポート! 

 2024年6月6日にグランドオープンする東京ディズニシー8番目の新テーマポート「ファンタジースプリングス」。ディズニーファンタジーの世界が広がるこのテーマポートは、ラプンツェルの森やピーターパンのネバーランド、そしてフローズンキングダムの3つのエリアが楽しめると、大きな話題を集めている。その「ファンタジースプリングス」の魔法の泉のほとりに立つパーク一体型ホテル「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」が、6月6日のグランドオープンを前にプレス公開された。

 かわいらしいピンクの外観が目を引く同ホテルは、ラグジュアリータイプの「グランドシャトー」と、デラックスタイプの「ファンタジーシャトー」の2つのホテルタイプで構成されている。

 メインエントランスを入ると、2つのホテルの間に位置したロビーラウンジ「グランパラディ・ラウンジ」が広がる。ファンタジースプリングスに面した大きな窓が開放感を感じさせるラウンジだ。ここではデザートセットなどのスイーツも味わうことができる。

 「グランドシャトー」の「テラス&アルコーヴルーム」は、ベッドルームとリビングルームを備えた、ぜいたくな時間を満喫できる客室だ。豪華で気品あふれた内装飾や調度品が並ぶ。テラスからは、ファンタジースプリングスを一望でき、まるでディズニーファンタジーの世界を独り占めしているかのよう。オリジナルデザインのスリッパやポストカードなどのルームアメニティーをそろえているのもうれしいポイントだ。客室料金には、パーク内のアトラクションをスムーズに楽しむことができるアトラクション利用券や専用の鑑賞席でゆったりとショーを堪能できるショー鑑賞券も含まれている。

 「グランドシャトー」はラウンジもラグジュアリーな印象だ。『美女と野獣』をイメージしたロウソクと赤いバラの置物がテーブルに置いてあり、チェックインの時間も優雅な時間を過ごすことができる。

 ラウンジを抜けた奥にはフレンチダイニングの「ラ・リベリュール」が。気品漂うダイニングホールで本格的なフランス料理を堪能できる。

 一方、「ファンタジーシャトー」は、ハスの花をかたどった装飾がなされ、華やかでかわいらしいラウンジとなっている。ラウンジを抜けた先にあるテラスは、ローズコート(中庭)につながっている。ローズコートには、映画『美女と野獣』のキャラクターたちが岩で表現された魔法の泉があるので、こちらも忘れずにチェックしておきたい。

 「ファンタジーシャトー」の「スーペリア・アルコーヴルーム」は、壁紙やベッドなどいたるところに「ラプンツェル」や「バンビ」などのディズニー映画のキャラクターや草花をモチーフとした装飾が施されており、ディズニーファンタジーの世界を存分に楽しめる作りとなっている。

 また、「ファンタジースプリングス・レストラン(オールデイ・ダイニング)」では、ヨーロッパ各地の郷土料理をイメージしたメニューの数々をブッフェスタイルで楽しめる。『塔の上のラプンツェル』や『白雪姫』、『眠れる森の美女』をモチーフに、青い鳥やさまざまな森の動物が描かれた絵画が飾られている店内で、冷菜からデザートまでゆっくりと味わい尽くしてもらいたい。

 さらに同ホテルでは、宿泊者限定の商品も販売。「グランドシャトー」宿泊者は、オリジナルコスチュームに身を包んだミッキーマウスが描かれた「スペシャルアートフレーム」(4万6000円 )、「スペシャルキーホルダー」(9000円)を購入でき、「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」宿泊者は限定デザインのトートバッグ、ポーチ&コインケースがセットになった「ディズニーホテル・エクスクルーシブ」(1万8000円)を購入することができる。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • ディズニーシーが出来た時は株主をオープン前に招待してたけど今回は無いみたいね。折角株主になったのに残念だわ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定