亀梨和也主演『ゲームの名は誘拐』、スペシャル予告解禁! 松村沙友理ら出演決定

0

2024年04月24日 14:10  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

連続ドラマW 東野圭吾『ゲームの名は誘拐』に出演する(上段左より)渡部篤郎・亀梨和也・ 見上愛(下段左より)武田航平・平山祐介・ 泉澤祐希・赤間麻里子・松村沙友理・山崎 樹範・飯田基祐・小林隆 (C)WOWOW
 6月9日より放送・配信スタートする亀梨和也主演の連続ドラマW 東野圭吾『ゲームの名は誘拐』(WOWOW)より、メインビジュアルが解禁。さらに主人公・佐久間が仕掛ける“誘拐ゲーム”を取り巻くキャスト陣として、武田航平、平山祐介、泉澤祐希、赤間麻里子、松村沙友理、山崎樹範、飯田基祐、小林隆の出演が発表され、スペシャル予告も公開された。

【動画】亀梨和也が“誘拐ゲーム”を仕掛ける! 『ゲームの名は誘拐』特報

 原作は東野圭吾の同名小説。主人公の広告代理店の敏腕プランナー・佐久間駿介(亀梨)が、手掛けていた大型プロジェクトから突如降板させられたことを機に、自分を引きずり下ろした大企業の副社長・葛城勝俊(渡部篤郎)に一矢報いるため、その娘・樹理(見上愛)と共謀して狂言誘拐を企てたことから始まるミステリーだ。2003年に実写映画化され、2020年には本作を原案としたドラマが中国で制作された。

 メインビジュアルは、“誘拐犯”と“共犯者”として人生をかけた危険な誘拐ゲームに挑む佐久間と樹理が求め合うような視線を交わす背後に、2人にとっての“最恐”の敵である葛城の姿が。「誘拐してはいけない、娘だった――」というコピーも相まって、ひと筋縄ではいかない2人の未来を暗示するような、不穏な空気が漂うミステリアスなビジュアルに仕上がっている。

 武田航平が演じるのは、佐久間と同じ広告代理店「サイバープラン」の若手広告プランナー・杉本智也。確かな仕事力と手段を択ばぬ処世術で頭角を現しつつあるやり手で、佐久間にとっては手ごわいライバルでもある。

 平山祐介が演じる加賀谷武志は、佐久間の上司であり「サイバープラン」のエースプランナー。社内政治が苦手でくすぶっていた佐久間を引き上げたおとこ気のある恩人だが、古いタイプの業界人で、パワハラ体質が命取りになる。

 山崎樹範が演じるのは葛城が副社長を務める大手自動車メーカー・日星自動車の駒形支店長の中村。真面目で人当たりの良いごく普通の社員だが、ある事情から佐久間の誘拐ゲームに巻き込まれていく。

 飯田基祐が演じるのは、日星自動車宣伝部長・石澤。佐久間と推し進めていたプロジェクトを突如白紙に戻した葛城に困惑し、不信感を抱く役どころだ。

 小林隆が演じるのは「サイバープラン」の社長・小塚。佐久間のことを評価はしているが、日星自動車との関係を第一に考え、プロジェクトを白紙に戻すという葛城の提案を受け入れ、佐久間の代わりに杉本をリーダーに任命する。

 泉澤祐希が演じるのは、佐久間の学生時代の後輩で経済誌の記者・湯口。自身を窮地に陥れた葛城を恨み、足元をすくいたい佐久間は、葛城の弱みを握るために湯口に相談を持ち掛ける。

 赤間麻里子が演じるのは、葛城の妻・葛城芙美子。樹理が葛城家で暮らすことを容認してはいるものの虐げており、樹理から恨みを買っている。

 松村沙友理が演じるのは、佐久間の“遊び相手”真希。佐久間の本質をよく理解しており、佐久間にとって数いる遊び相手の中でも特に心を許せる相手だ。

 そんなキャスト陣も集結する最新予告映像も公開。葛城と緊迫感満載の駆け引きを繰り広げるうち、次第に心が近づき、やがて追い詰められていく佐久間と樹理の初解禁映像がふんだんに収められている。

 連続ドラマW 東野圭吾『ゲームの名は誘拐』は、WOWOWにて6月9日22時より放送・配信スタート(全4話)。

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定