最新の桜開花・満開予想 ゴールデンウィークは道内各地で桜が見頃

0

2024年04月24日 16:00  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

最新の桜開花・満開予想 ゴールデンウィークは道内各地で桜が見頃

今日24日、旭川で桜開花、札幌で桜満開に。そんな中、日本気象協会は「2024年桜開花・満開予想(第10回)」を発表。この先も気温は平年より高く、北海道では、開花・満開ともに平年よりかなり早くなるところが多いでしょう。ゴールデンウィークは道内各地で見頃となりそうです。



●2024年 全国の開花状況(桜開花日の平年差)


北海道では4月16日の松前町※1での開花を皮切りに、18日には札幌市と函館市、23日には帯広市、24日には旭川市でも開花しました。桜開花前線は史上最早となった昨年に次ぐ早さで上陸し、北上しています。※2

今年のこれまでの全国の開花状況を振り返ると、開花日の平年差が南北で大きく異なる傾向にあります。
東北地方での観測地点の開花日平年差は平均6日早くなり、北陸地方(長野県も含む)でも平均1.6日早くなりました。
一方、関東地方(山梨県も含む)では平均3日遅く、近畿地方では平均3.5日、九州地方でも平均4日それぞれ遅くなり、北の地域ほど開花が早く、南では遅くなる傾向にあったことがわかります※3。

【※1】松前町、留萌市は気象台の標本木ではなく、自治体・公園などの協力機関から観測データを得ている日本気象協会の独自地点です。
【※2】松前町の16日開花、函館・札幌の18日開花はいずれも過去2番目に早い記録です(タイ記録も含む)。
【※3】開花日の平年差は各地気象台が観測する標本木のみを対象としたデータです。


●桜開花・満開予想 2024


北海道は4月に入り、全域で平年より3℃ほど気温が高く推移しましたが、この先も気温は平年より高く推移する見込みです。そのため北海道では、開花・満開ともに、平年よりかなり早くなるところが多いでしょう。

25日には室蘭市で、28日には留萌市※1で開花し、5月2日には稚内市、4日に釧路市でも開花となる見込みです。ゴールデンウィークは北海道の各地で見ごろとなるところが多いでしょう。


●言葉の説明


平年:1991〜2020年の平均値

かなり早い :平年よりも7日以上早い
早い :平年よりも3日から6日早い
平年並 :平年との差が2日以内
遅い :平年よりも3日から6日遅い
かなり遅い :平年よりも7日以上遅い


    前日のランキングへ

    ニュース設定