ゴールデンウィークは短い周期で雨 前半・後半に2回の暑さピーク 熱中症に注意

36

2024年04月24日 17:16  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

ゴールデンウィークは短い周期で雨 前半・後半に2回の暑さピーク 熱中症に注意

今週末からゴールデンウィークが始まりますが、停滞する前線や低気圧の影響で周期的に雨。GW初日の27日(土)は西日本や東日本は広く雨。28日(日)は一旦回復しますが、29日(月)から再び雨や曇りの天気に。暑さのピークは2回。前半は28日(日)頃、後半は5日(日)前後でしょう。



●GWスタートの3連休 短い周期で雨 外出は雨具を備えて


今週末からゴールデンウィークが始まります。行楽を予定されている方も多いと思いますが、日本の南に停滞する前線や低気圧の影響で、周期的に雨が降るでしょう。

まず、GW初日にあたる27日(土)は沖縄、九州から関東にかけて広い範囲で雨が降る見込みです。
その後、28日(日)はいったん天気は回復する所が多いでしょう。中国、四国から東北、北海道にかけて日差しがありますが、それも束の間。29日(月)「昭和の日」になると、再び雨のエリアが広がり、太平洋側ほど雨の強まる時間がありそうです。

ずっと降り続くような雨にはならないものの、ゴールデンウィーク最初の3連休の間だけでも、度々傘の出番があるでしょう。行楽の際はこまめに雨雲レーダーを確認してください。


●GW中頃もすっきりせず 日が差すと気温急上昇↑ 暑さ対策を


30日(火)は沖縄や九州は断続的に雨が降りますが、その他の地域は広く晴れるでしょう。5月1日(水)は再び広く雨が降る見込みです。

2日(木)から4日(土)「みどりの日」にかけては、南の海上に前線が停滞し、沖縄はまるで梅雨のように雨の降る日が続くでしょう。沖縄地方の梅雨入りの平年日は5月10日頃です。状況によっては梅雨入りを検討するタイミングとなりそうです。
九州から東北にかけては、太平洋側ほどゴールデンウィーク中頃にかけて天気が変わりやすく、小刻みに雨が降りそうです。外出の際はできる限り、雨具を備えておくと安心です。

5日(日)「こどもの日」、6日(月)は晴れる所が多くなるでしょう。

また、日が差す日は気温が一気に上昇します。暑さのピークが2回ありそうです。
ゴールデンウィーク前半は28日(日)をピークに、後半は5日(日)を中心にピークとなり、九州から東北まで広い範囲で最高気温が25℃以上の夏日となり、近畿から関東甲信の内陸部では30℃以上の真夏日になる所もある見込みです。
まだ体が暑さに慣れていない時期ですので、熱中症にも十分注意をしてください。適度に涼しい場所で休息をとり、こまめに水分を補給するようにしましょう。

なお、北海道には4月30日(火)から5月1日(月)の月が替わるタイミングで一時的に強い寒気が入り、内陸部や山沿いでは湿った雪の降る所もあるでしょう。急に寒さが戻る上に、車の運転などは路面状況が悪くなる可能性もあるため注意してください。


このニュースに関するつぶやき

  • うむ、今年も1/3がすぎたの。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(21件)

ニュース設定