ろうそくともし犠牲者悼む=福知山線事故、25日で19年

73

2024年04月24日 18:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

JR福知山線脱線事故の追悼行事で浮かびあがった、ろうそくによる「わすれない」の文字=24日午後、兵庫県尼崎市(代表撮影)
 乗客106人が亡くなったJR福知山線脱線事故から25日で19年となる。兵庫県尼崎市の事故現場にある慰霊施設「祈りの杜(もり)」では24日夜、遺族らがろうそくに火をともし、犠牲者を悼んだ。

 午後6時ごろ、脱線車両が衝突したマンション前に並べた約700本のろうそくに火がともされた。「2005・4・25 わすれない」の文字が夕闇に浮かび上がり、遺族ら約10人は揺れる火を静かに見詰めた。ろうそくを覆うカバーには「みんなが安心できる鉄道へ」「事故を決して忘れない」などのメッセージが記された。

 追悼行事は今年で10回目。事故の記憶を伝えるため、義弟=当時(34)=を亡くした上田誠さん(57)らが2015年に始めた。上田さんは、事故について「二度と起こしてほしくない。安全を考えるきっかけにしてほしい」と訴えた。

 ボランティアとして毎年参加しているという同県姫路市の女性(40)は、JR西日本に対し「生活に欠かせないものだからこそ、安全な輸送をお願いしたい」と語った。

 25日には同じ場所でJR主催の追悼慰霊式が開かれる。 

JR福知山線脱線事故の追悼行事でともされたろうそく=24日午後、兵庫県尼崎市(代表撮影)
JR福知山線脱線事故の追悼行事でともされたろうそく=24日午後、兵庫県尼崎市(代表撮影)


JR福知山線脱線事故の追悼行事でシャボン玉を飛ばす女性=24日午後、兵庫県尼崎市(代表撮影)
JR福知山線脱線事故の追悼行事でシャボン玉を飛ばす女性=24日午後、兵庫県尼崎市(代表撮影)

このニュースに関するつぶやき

  • 腐れヘイター土人青葉よしき(ペットが1番)は毎日何と戦ってるの?(笑)
    • イイネ!24
    • コメント 11件

つぶやき一覧へ(45件)

ニュース設定