本体返却したiPhone代に150万円超の請求が… 自動引き落としでピンチに陥った女性

0

2024年04月25日 06:30  Sirabee

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Sirabee

(©ニュースサイトしらべぇ)

「ホリデーシーズンキャンペーン」という広告につられiPhoneを契約した女性が、1週間後に本体を返却したにもかかわらず、合計で1万ドル(約150万円)以上の請求を受けたという。『DailyDot』が伝えている。

 

■キャンペーンにつられiPhone契約

TikTokアカウント「JJJ」という女性が、アメリカの大手携帯電話会社Verizonの広告を見てiPhoneを契約。しかしサービスが気に入らなかったため1週間で解約し、本体はVerizonの本社へ返品していた。

ところが2月になって、銀行口座からVerizon名義で4,900ドル(約75万円)がなんの通告もなく引き落とされた。そのせいで口座が残高不足になってしまったという。

JJJさんは早急にVerizonに問い合わせ、2日後には無事に返金されたそうだ。

 

関連記事:「食べちゃだめ」と給食を取り上げられた児童が涙 費用未払いをめぐり行き違いか

■自動引き落とし機能が作動

2月の引き落としが返金されたため、JJJジェイさんはこの一件は解決したと思っていた。しかし3月に入ると、今度は5,200ドル(約80万円)が銀行口座から引き落とされたのだった。

再び問い合わせたところ担当者は、「自動引き落としの機能が働いている」と説明した。これに対しJJJさんは、すでに本体は手元になければアカウントもないサービスに対して、自動引き落とし機能だけが作動している事態を異常だと感じたという。

JJJさんはこの引き落としのせいで口座が残高不足の過払いになり、超過料金が発生するだけでなく、食費にあてる現金も残っていない状態に陥った。

3日が経過しても現金は戻らず苦情を申し出たJJJさんに、Verizonは必要書類を数点要求し、「書類を受領してから3日がかかる」と告げたそうだ。

 

関連記事:サンドイッチ1個が100万円? クレカ払いの入力ミスで返金トラブルに発展

■TikTok投稿拡散で解決

返金されると告げられてから、1週間以上が経過。JJJさんはこの一件で店舗に幾度となく出向き、問い合わせなどで仕事を休まなくてはならないこともあり、金銭的に苦しくなっていた。

そのためこの状況をTikTokで投稿したところ、JJJさんの動画が拡散され、ついにVerizonの事務局から直接連絡が来たという。事務局の女性の対応は丁寧で、早急に返金の手続きを進めると約束したそうだ。

JJJさんの契約状況を確認したという担当女性によると、アカウントの自動引き落としは一度も停止されておらず、作動中だったという。JJJさんは「この電話がなければ永遠に返金されなかったかもしれない」と話し、拡散してくれた視聴者に感謝を述べた。

・合わせて読みたい→あいみょん、クレカ不正利用で20万円の被害 驚きの支払い先に「好きすぎやん」

(取材・文/Sirabee 編集部・本間才子)
    ニュース設定