悪送球で決勝点献上の巨人・岸田に達川氏「しょうがない、これは。明日からまた頑張ってください」

0

2024年04月25日 06:36  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

巨人・岸田行倫
◆ 攻撃陣は9試合連続2得点以下…

 巨人は中日との接戦を2−3で落とし連勝ならず。失策で決勝点を与えてしまった。

 2−2の同点で迎えた7回表、巨人は今季初勝利を目指す先発・赤星優志が一死三塁のピンチを招き、代打・大島洋平を打席に迎えた。赤星は2ボール1ストライクから内角低めに食い込むカットボールで空振りを奪ったが、直後にバッテリーを組んだ岸田行倫の三塁牽制が三走・尾田剛樹の足を直撃。跳ね返ったボールが二塁ベース付近まで転がる間に、尾田に決勝点となる生還を許した。

 赤星は7回8安打3失点(自責点2)と力投したが、今季初勝利とはならず開幕2連敗。攻撃陣は3回以降得点を奪えず、これで9試合連続2得点以下となった。

 24日放送のフジテレビONE『プロ野球ニュース2024』では、決勝点となった岸田の送球エラーについて議論。映像では尾田が飛び出した距離は判別できなかったものの、状況的に“ギャンブルスタート”だったと推測し、現役時代に名捕手として鳴らした解説の達川光男氏はまず「(尾田の)あのリードでサード送球をできないキャッチャーはプロ野球を辞めた方がいい」と、岸田の反応と三塁送球は“当たり前”と指摘した。

 その上で「もうちょっと中に投げないといけなかっただけ。これは技術的な問題。ギャンブルスタートでものすごく出てきてる。(三塁の)坂本ももう少し、中に入って走者と重ならないように(ジェスチャーできていれば)」と注文をつけた。

 結果的に勝敗を決める痛い失策となったが、達川氏は「しょうがない、これは」と岸田のプレーを擁護。「技術的なものだから、明日からまた(練習を)頑張ってください」と、今季はスタメンマスクの機会を増やしている27歳捕手にエールを送った。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定