日本気象協会 梅雨入り予想 広く「平年並み」の梅雨入り 早めに大雨の備えを

152

2024年04月25日 15:46  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

日本気象協会 梅雨入り予想 広く「平年並み」の梅雨入り 早めに大雨の備えを

今日25日、日本気象協会は、2024梅雨入り予想を発表。今年の梅雨入りは、沖縄・奄美は「5月中旬並み」で、平年並みか遅い見込みです。九州から東北は「平年並み」で、6月上旬から中旬にかけて続々と梅雨入りするでしょう。降水量が多くなる時期があるため、早めの備えを。



●予想される海洋と大気の特徴


今日25日、日本気象協会は、2024梅雨入り予想を発表しました。

今年の特徴は、インド洋熱帯域の海面水温が高いことです。インド洋熱帯域の海面水温が高いときには、太平洋高気圧は北への張り出しが強まりにくいとされています。
また、日本の南では太平洋高気圧の西への張り出しが強く、日本付近には南から暖かく湿った空気が流れ込みやすいでしょう。


●今年の梅雨入り 多くのところで「平年並み」


今年の梅雨入りは、沖縄・奄美は「5月中旬」で、平年並みか遅い見込みです。沖縄・奄美は、現時点で梅雨のような気圧配置となっていますが、連休後半には、いったん前線が離れるため、前線が停滞しやすくなる連休後の「5月中旬」に梅雨入りと予想します。

九州から東北は「平年並み」でしょう。九州南部は「5月下旬」、九州北部、中国、四国、近畿、東海、関東甲信は「6月上旬」、北陸、東北は「6月中旬」梅雨入りとなるでしょう。

今年の梅雨は、暖かく湿った空気が太平洋高気圧の縁を回って、日本付近にいつも以上に流れ込みやすくなるという特徴があります。降水量が多くなることが予想されるため、雨の備えを早めに行うように心がけてください。


このニュースに関するつぶやき

  • 『平年並み』といわれても 普通の基準がわからなくなってきているここ20〜30年
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(77件)

ニュース設定