テーマパークの“価格差”どこまで許容? VIPを横目に「待たされる」心理【坂口孝則連載】『オリコンエンタメビズ』

127

2024年05月15日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

経営コンサルタント・坂口孝則氏
 日々話題を集めるニュースをもとに、経営コンサルタント・坂口孝則氏が背景を解説する『オリコンエンタメビズ』。今回は、東京ディズニーシーの新エリア公開を軸に、チケット価格についての見解をレポートする。

【写真】1泊34万超え!こうなってるんだ…ホテルの全体俯瞰イラスト・リッチな客室

■ラグジュアリーの定義

 コロナ禍の前、観光ビジネス業の方と話しました。

 「世界的に『ラグジュアリーホテルの1泊』っていくらと思いますか?」と聞かれたので「スイートルームで30万円くらいでしょうか」と答えました。すると鼻で笑われ「最低でも100万円ですよ。普通に500万円くらいもあります」とのことでした。

 この金額がいいとか悪いとかいう話ではありません。日本人の年収相当額を1泊で使用する富裕層がおり、それを提供する事業者がいるというだけのことです。

 また、日本は世界の中から取り残されてきました。海外旅行時に外国の物価が高かった、というテレビのニュースはもはや陳腐にすらなっています。日本人の物価感覚も、かなり世界基準からするとズレてきています。

■ディズニーシーの新テーマパークとファストパス

 さて、このところディズニーシーが二つの“事件”で話題になっています。一つ目は、新エリアの公開です。名前は『ファンタジースプリングス』。2024年6月6日からオープン予定です。5年の月日をかけ建設されました。あ、もともと夢の国だから、建設ではなく魔法によって一瞬で完成したのでしょうけれど。テーマは『アナと雪の女王』等をモチーフにしたもので、さまざまなアトラクションが用意されています。人気と混雑は必然でしょうね。

 そしてエリア内には、「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」も誕生します。冒頭の話のあとではありますが、豪華客室として「一泊34万円を超える部屋もある!」と各メディアは報道しています。

 ところで、このホテルにまつわる“事件”が二つ目です。この『ファンタジースプリングス』でアトラクションを楽しむだけではなく、待ち時間を短縮して楽しもうと思えば、特別券(1デーパスポート:ファンタジースプリングス・マジック)が必要になります。ダイナミックプライシングといって、価格が混雑具合によって変動する仕組みです。大人約2万3000円〜約2万6000円の幅になります。

 この特別券を購入できるのは、先に紹介した東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテルの宿泊者のみ。ここで、34万円とはいわなくても、1泊最低料金の部屋であっても6万6000円です。つまり、特別券とあわせて合計が9万円ほどになります。一人9万円もかかるの、という驚きや失望や羨望や嫉妬やらが入り混じって、多くの人々に衝撃を与えたのでした。

■ディズニーシーの価格設定

 まず経営的な観点でいえば、ディズニーシーの価格設定は正しいといえます。多段階価格設定といって、収益を最大化する方法です。航空券の価格設定を例に出すまでもなく、早割・繁忙期、さらにはファーストクラスとエコノミークラスのようなグレードによる差別化を実施しています。また、一般入場者の価格を大幅に引き上げるのではなく、あくまで待ち時間を短縮するニーズに対して高い料金を設定しているだけです。航空券の例でいえば、ファーストクラスが高いだけで、エコノミークラスを廃止するわけではありません。

 また、例えば米国のユニバーサルスタジオを見てみましょう。エキスプレスチケットは、入場券とは別に209ドル(≒3万円)です。近隣のホテルに宿泊して合計すると、さきの約9万円と遜色ないはずで、国際的に法外に高いとはいえません。また日本でも喜んで支払う層はいるでしょう。

 しかしここで問題を書いておきます。ディズニーシーの話ではなく一般論です。

 私は意図的に「カネを払える人が払うんだからいいじゃないか」といったトーンで書いてきました。ただ、人間はそれほど理屈で割り切れません。「貧乏人は待たされて、金持ちだけ優遇されるってこと?」と不満をいだく場合があるでしょう。そして、せっかく楽しみにしていたテーマパークを嫌うかもしれません。VIPを横目で見て、楽しめない心情になるかもしれません。

 だからここには常に倫理的な問題が横たわっています。また外国ならば許されても、日本人には許せない価格差もあります。もちろんそれぞれの国民を相手にしているのですから、調整は必要です。

 ディズニーシーの話に戻します。個人的意見では、約9万円は許される金額で許容されるでしょう。しかしディズニーシーを含めて、今後どこまで価格差の広がりが許容されるでしょうか。例えば9万円ではなく、20万円というチケットが出たら、日本人は許容するでしょうか。引き続き注目する必要があります。

このニュースに関するつぶやき

  • 別に払いたい奴は払えば良いし、待つ奴は待てば良い。ただたくさん払ってるからってスタッフや周囲にマウント取る奴はウザイから消えて欲しいと思う。
    • イイネ!22
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(91件)

アクセス数ランキング

一覧へ

話題数ランキング

一覧へ

前日のランキングへ

ニュース設定