新幹線荷物輸送が拡大=北海道から鹿児島まで―JR各社

81

2024年05月18日 09:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

新幹線から荷降ろしされる特産品=17日午後、JR東京駅
 新幹線による荷物輸送が拡大している。JR各社は定時運行率の高さなどを売りに、車両の空きスペースを活用して生鮮食品などを産地から消費地へ運ぶ。輸送経路は北海道から鹿児島県までつながった。トラック運転手への時間外労働規制で輸送停滞が懸念される「物流の2024年問題」に対応するため、各社は新幹線の荷物輸送を強化する方針だ。

 JR東日本は21年にサービスを始めた。新幹線のスピードや本数の多さを生かして即日輸送ができるため、食品のほか精密機器、医療用の検体など顧客の幅広い需要に対応でき、1日約40本を活用する。JR東海は今年4月、東海道新幹線「こだま」の業務用室に荷物を積み込むサービスを開始。JR九州は自動車輸送と組み合わせた集荷配送なども手掛けている。

 17日には輸送ルート拡大を記念し、新幹線で運んだJR6社管内の名産品などを東京駅構内で販売するイベントが開かれ、弁当や菓子を買い求める人でにぎわった。会社員男性(42)は、新幹線「はやぶさ」で北海道から届いたばかりの「函館みかどのいかめし」を購入し、「東京に居ながら北海道の出来たての商品を食べられるのは良い」と喜んでいた。 

新幹線で運ばれた特産品のフェア=17日午後、JR東京駅
新幹線で運ばれた特産品のフェア=17日午後、JR東京駅

このニュースに関するつぶやき

  • ヤマト運輸は1機まるっと貨物輸送機買取ったが貨物運輸各社気象に左右されにくく安定した新幹線1両単位リース受けてトラックからシフトすべきだ
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(49件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定