オリックス・宗が値千金のサヨナラ打も谷沢氏「この一打を宗自身は喜べたのか?」

2

2024年05月20日 07:16  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

オリックス・宗佑磨 (C)Kyodo News
◆ 9回の犠打失敗に「齋藤にとっては、非常に悔しいゲームだったと思う」

 カード勝ち越しを狙うオリックスは19日、楽天と対戦し延長10回・3x−2でサヨナラ勝ちを収めた。9回に同点に追いつかれたオリックスは延長10回、二死から4番森友哉と5番宜保翔の連続安打でサヨナラの好機を作ると、9回の犠打失敗を取り返したい6番宗佑磨が値千金のサヨナラ打を決めた。オリックス先発・齋藤響介は5回2/3無失点でプロ初勝利の権利をもって降板したが、この日1軍復帰登板となった平野佳寿が9回に村林一輝から同点適時打を打たれ、白星はお預けとなった。

 9回のミスを取り返す一打を放った宗だったが、19日放送のフジテレビONE『プロ野球ニュース2024』の解説・谷沢健一氏は宗に対し厳しい声を上げた。

 谷沢氏は「確かに10回は見事なサヨナラ打だったが、9回の犠打失敗がやはり気になる」と指摘。「齋藤が良い投球をしたが、9回に平野が追いつかれた。齋藤にとっては、非常に悔しいゲームだったと思う。そういう中で(犠打を失敗し)、はたしてこの一打を宗自身は喜べたのか」と若い先発投手の胸の内を慮りながら苦言を呈した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』

このニュースに関するつぶやき

  • この選手も伸びんよな。打撃が悪すぎるわな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定