宝島社『steady.』8月に休刊へ 創刊から18年の歴史に幕…近年の社会状況変化で「一度役割を終了した」

25

2024年05月20日 12:06  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『steady.』6月号の表紙
 宝島社は、ファッション誌『steady.(ステディ)』を2024年8月7日発売の9月号をもって休刊することを発表した。また『mini』について、2024年8月9日発売の9月号より、刊行形態を隔月刊(偶数月発行)へ変更する。

【写真】素肌が丸見え!今月号は吉岡里帆が表紙 休刊する『steady.』

 宝島社は日本初のストリートファッション雑誌として1989年に『CUTiE (キューティ)』を創刊。ストリートファッションブームの火付け役となり、ファッション、カルチャーにおいて新しい市場を開拓してきた。

 以後、そのマインドを受け継ぐ20代、30代に向けて『SPRiNG (スプリング)』、『InRed (インレッド)』や、「大人カワイイ」ブームをつくることになる『sweet (スウィート)』、「暮らし系」という市場を創出した『リンネル』などを創刊し、時代の空気をいち早く捉え、新しい女性像や価値観を提案してきた。

 『steady.』は、働く女性のファッションの変化に伴い、「おしゃれ。働く。恋をする。」をキャッチコピーに、30歳前後の好感度を重視するOLをターゲットとして2006年11月に創刊。

 「OL大賞」「走れるパンプス」などの人気企画を生み出してきたが、近年の社会状況の変化に伴い、定期雑誌という形は一度役割を終了したと判断した。

 宝島社は「長きにわたり、読者の皆さまをはじめ、多くの皆さまにお力添えをいただきましたことに心より感謝申し上げます。『mini』は、「Tシャツ」「デニム」「スニーカー」を3種の神器とするストリートファッション誌として2000年に創刊。2021年4月からはキャッチコピーを「ジェンダーフリー宣言」に改め、性別を超えてシェアして楽しめるストリートカルチャーのトレンドを発信しています」と説明。

 「引き続き唯一のジェンダーフリーマガジンとしてファッション、美容、カルチャーの情報を発信するとともに、今後は、ビジュアル制作力を活かした動画コンテンツの開発にも注力していく予定です」と伝えた。

 最後に「宝島社はファッション雑誌販売部数トップシェア企業として、従来の誌面制作はもちろん、今後も 各雑誌の編集力を活かしたブランドのプロデュース事業や、雑誌の世界観を活かした リアルイベントなど多角的なコンテンツ 展開を行い、企業理念である「人と社会を楽しく元気に」のもと、多くの皆さま に喜んでいただける企業活動を行ってまいります」と呼びかけた。

このニュースに関するつぶやき

  • 若い女性向け雑誌で本がメインなのか付録がメインなのかわからない雑誌が目立つけど、どっちが主役かと思うと微妙だよなぁ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

ニュース設定