LINE誕生のきっかけは「東日本大震災」だった――運営が語る“開発の背景”とは 緊急時の活用法も紹介

61

2024年05月20日 12:08  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

LINEは「東日本大震災」をきっかけとして誕生した

 いまや日本人の9割以上が利用しているといわれるLINE。その誕生の背景には「東日本大震災」の経験があるといいます。開発当初の思いから、緊急時に役立つさまざまな機能の使い方まで、運営元のLINEヤフーに話を聞きました。


【画像】“緊急時の活用方法まとめ”を見る


●LINE誕生のきっかけは「東日本大震災」 さまざまな社会的取り組みも


―― LINE誕生の背景を教えてください


LINEヤフー: 2011年3月11日に発生した東日本大震災当時、家族や友人の安否確認ができずに不安な日々を過ごした経験などから、「緊急時に電話回線がダウンしてもインターネット回線を通じて連絡を取ることができて、大事な人とすぐにつながることができるコミュニケーションサービスを作ろう」という思いを胸に急ピッチで準備を進め、震災の余波が続く中、2カ月弱で開発を行い、2011年6月23日に「LINE」をリリースしました。


 LINEは今でも変わらず、“家族や親友、恋人や仲間など、身近にいる大切な人とコミュニケーションをするためのサービス”であり続けています。


――東日本大震災をきっかけに誕生したのですね。他にもLINEを使った社会的な取り組みはありますか?


LINEヤフー: コロナ禍においては厚生労働省に協力し「新型コロナ対策のための全国調査」をLINEで行い、感染拡大防止のための対策に活用いただいたほか、LINE公式アカウントで子どもたちの自宅学習サポートなどを行ってきました。


 また、大規模な災害発生時には自分の安否を入力し友人に伝えることができる「LINE安否確認」機能の提供や、LINEスタンプなどを通じた寄付支援なども行っています。加えて、行政機関や支援団体において、相談窓口としてLINEを活用いただいています。


 LINEを活用した相談窓口は、いじめ相談、自殺対策相談、子育て相談など、さまざまな支援で活用されています。


●運営元が教える“緊急時の活用法”


―― 緊急時におすすめのLINE活用法を教えてください


LINEヤフー: 例えば、以下などがあります。


・「LINE安否確認」機能


 大規模な災害が発生した時にLINEのホームなどに出現する「LINE安否確認」を使えば、少ない操作で自分の安否をLINEの「友だち」に共有することができます。また、「友だち」の安否も一覧で確認することができます。


・災害情報を受け取れる「スマート通知」


 自分の住む地域をLINEに登録すると、その地域の災害情報をLINEのトークで受け取ることができます。「Yahoo!防災速報」と連携し、「避難情報」「地震情報」「津波予報」「気象警報」など9つの防災速報に対応。


 速報の詳細はメッセージから確認することができます。位置情報をONにしておけば、その場所の災害通知が受け取れるだけでなく、国内最大3地点まで登録できるので、勤務先や家族が住む地域の情報も受け取れます。


・「LINEオープンチャット」


 LINEで「友だち」になっていなくても、共通点がある人どうしで情報交換ができるサービスです。LINEアカウントとは異なるプロフィール(ニックネーム・アイコン)で参加できるので、プライバシーが守られます。


 近隣地域の方が集まるオープンチャットに参加することで、災害時に他のメディアでは得ることが難しい生活圏内の被害状況・支援情報などをリアルタイムに情報交換できます。


―― LINEを通した新たな社会活動の構想などありますでしょうか


LINEヤフー: 東日本大震災をきっかけに“大切な人とつながるためのツール”として生まれたLINEは、現在多くのみなさまにコミュニケーション手段としてご利用いただいています。そのLINEを日常や緊急時においてもご活用いただけるよう、引き続きより良い機能の開発・提供や、LINEを活用した取組みを進めていきます。


※取材協力・画像提供:LINEヤフー


●参考文献


・総務省情報通信政策研究所「令和4年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書<概要>」


・LINE「震災をきっかけに誕生したLINEならではの、災害時や緊急時等における取り組み」


・LINE「厚生労働省に協力して、「LINE」で国内ユーザー8,300万人を対象とした第1回「新型コロナ対策のための全国調査」を明日実施」


・LINE「取り組み」


・LINE「緊急時に役立つLINEの使い方」


・LINE「緊急時に役立つLINEの使い方-準備編-」


●文:近藤仁美(こんどう・ひとみ)


クイズ作家。国際クイズ連盟日本支部長。テレビ番組「高校生クイズ」「クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?」等の他、クイズの世界大会では日本人初の問題作成者を務める。2023年「Trivia Hall of Fame(トリビアの殿堂)」殿堂入り。著書に『人に話したくなるほど面白い! 教養になる超雑学』(永岡書店)など。


このニュースに関するつぶやき

  • えと。 近藤さん? [日本人の9割以上が利用]? データの出所を、教えて下さいな。 幼稚園児以下も使ってる? 90歳以上の高齢者も皆使ってる? どんな分析? (怒)
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(42件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定