広島、4連勝で首位阪神と0.5差 末包2号3ラン、床田リーグトップタイ5勝目!

8

2024年05月21日 20:54  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

広島・末包昇大 (C)Kyodo News
○ 広島 6 − 2 阪神 ●
<8回戦・マツダスタジアム>

 投打が噛み合った広島は今季2度目の4連勝。貯金は今季最多を更新する「4」となり、首位・阪神とのゲーム差を0.5に縮めた。

 広島打線は初回、1番・秋山が左中間突破の二塁打でチャンスメイク。阪神先発・村上の暴投で無死三塁とし、2番・野間の右前適時打で先制点を奪った。2回は先頭の6番・末包が左翼線を破る二塁打で出塁。続く矢野のバントが内野安打となり、8番・林の右前適時打で2点目を奪った。

 3回は一死から4番・小園、5番・坂倉の連打で一、三塁とし、末包が2号3ランをバックスクリーンへ運び5−0。末包は東洋大時代の2学年後輩の村上から2長打を放った。6回は野間の適時三塁打で6点目。理想的に得点を重ねた。

 今季早くも4度目の阪神戦先発となった床田は、立ち上がりから走者は背負うものの要所を締める投球。4回と5回はいずれも先頭打者の出塁を許したが、2イニング連続で併殺を奪った。無失点のまま迎えた8回に失策絡みで2点を失ったものの、8回途中6安打2失点(自責点1)の力投。自身3連勝でリーグトップに並ぶ5勝目(2敗)を挙げた。

このニュースに関するつぶやき

  • 末包と村上の東洋大先輩後輩対決は、今回は末包でしたね。
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定