阪神、広島戦3連敗で首位陥落危機…村上自己ワースト5失点KOで4敗目

8

2024年05月21日 21:05  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

阪神・村上頌樹 (C)Kyodo News
○ 広島 6 − 2 阪神 ●
<8回戦・マツダスタジアム>

 首位の阪神は広島戦3連敗。貯金は「5」となり、2位の広島に0.5ゲーム差に迫られた。

 先発の村上は初回、1番・秋山に初球を左中間へ弾き返されると、その後、自らの暴投で無死三塁とし、2番・野間に先制適時打を右前へ運ばれた。

 2回は東洋大時代の2学年先輩で先頭の6番・末包に左翼線二塁打を許すと、その後も連打を浴び2失点目。3回は一死から連打で一死一、三塁のピンチを招き、末包にバックスクリーンに飛び込む3ランを浴びた。

 4回、5回はゼロを刻んだものの、6回表の打順で代打を送られ降板。5失点は2021年8月28日の広島戦(マツダ)以来となる自己ワーストタイとなり、試合前リーグ2位の1.30だった防御率は2.03となった。

 攻撃陣は広島先発・床田も前に7回まで無得点。6点を追う8回に2番・中野の左前適時打などで2点を返すも、反撃遅く村上は4敗目(2勝)を喫した。

このニュースに関するつぶやき

  • ギャーギャー言いなや、そんなもんですよ、元々チーム自体の力強さが少なめなので、負けだすと弱さが際立つ感じになってしまいがちになりますね☹
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定