日本ハム、本拠地7連勝で再び貯金6 水野逆転2ラン、山福也単独トップ5勝目

10

2024年05月21日 21:21  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

日本ハム・山福也 (C)Kyodo News
○ 日本ハム 5 − 4 オリックス ●
<10回戦・エスコンF>

 日本ハムは逆転勝ちで連敗を「2」でストップ。本拠地では7連勝となり、貯金は再び「6」となった。

 日本ハム打線は3点を追う3回、1番起用された中島の左前適時打で反撃開始。その後も3番・郡司が中前適時打、この日一軍に再昇格したばかりの5番・水谷は左前適時打を放ち3−3の同点に追いついた。4回は9番・水野が2号2ランを左中間席へ運び逆転。オリックス先発・エスピノーザから4回までに5点を奪った。

 古巣オリックスと移籍後初対戦となった先発・山福也は、2回に一死から4連打を浴び3失点。なおも二死一、二塁で2番・西川にも右前打を許したが、本塁生還を狙った二塁走者を右翼・万波が好送球でタッチアウトに仕留めた。

 山福也は移籍後ワーストとなる4失点を喫したが、この日はチームメイトの援護を受け6回途中9安打4失点で勝利投手。これで移籍後初勝利から5連勝となり、ハーラー単独トップに躍り出た。

このニュースに関するつぶやき

  • 山&伏見両選手が古巣戦に挑みましたが3回の猛攻から4回に一気に逆転し流れを引き寄せられましたね。万波選手のレーザービームは相手の流れを止めるファインプレーでしたね
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定