ロッテ、西武戦8戦全勝で貯金3 種市TJ手術後初の完投勝利、睇4出塁&好守

6

2024年05月22日 21:54  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

4年ぶりの完投勝利を達成したロッテ・種市篤暉 (C)Kyodo News
● 西武 1 − 2 ロッテ ○
<8回戦・ベルーナドーム>

 ロッテは2引き分けを挟み今季最長の5連勝。西武戦は今季初対戦から8連勝となり、貯金は今季最多タイの「3」となった。

 先発の種市は立ち上がりからテンポ良くアウトを量産。2点リードの6回は失策絡みで1点を返され、なおも一死満塁の大ピンチだったが、4番・中村を153キロの直球で空振り三振に仕留め吠えた。続く蛭間は中飛に仕留めリードを死守。この試合唯一のピンチでしっかり踏ん張った。

 7回以降は再びテンポ良くアウトを重ね、9回102球、4安打1失点(自責点0)の力投。トミー・ジョン(TJ)手術を受ける前の2020年7月25日の西武戦(メットライフドーム)以来の完投勝利で今季3勝目(3敗)を手にした。

 攻撃陣は2回、7番・佐藤の左犠飛で先制。6回は3番・睇瑤四球出塁と盗塁でチャンスメイクし、6番・中村奨の右前適時打で2点目を加えた。睇瑤3打数3安打をマークし全4打席出塁。中堅守備でも種市の好投をアシストする好捕を披露した。

このニュースに関するつぶやき

  • 去年は完投は全体で「1」。それが今年はすでに「4」(西野の雨天コールドを含む)。先発陣の意識が変ったかね。明日からの鷹3連戦は、今年の鴎の流れを左右しそう。>続く
    • イイネ!1
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(4件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定