着物スタイリスト、7年越しの“夢の花嫁衣装”がカタチに…… 美しいレースで彩られた着物に「わ、わぁぁぁぁ素敵!」「これで結婚式したい」

3

2024年05月23日 21:39  ねとらぼ

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

7年越しの夢かなう……!

 VINTAGESHOPオーナーが作った美しいレースの花嫁着物の写真がX(Twitter)に投稿されました。記事執筆時点で投稿は29万5000件以上表示され、8900件以上の“いいね”を獲得するなど話題となっています。


【画像】レース着物の花嫁衣装(全身)


●VINTAGESHOPオーナーが胸に抱いていた夢


 投稿者は、“オトナのレトロモダン”をコンセプトに2009年に福岡にOPENした「カラフルブティック モア」のオーナーで、着物教室の主宰(講師・着付師)・着物スタイリストとしても活動するマドカさん(@colorful_madoka)。お店では、「キモノもファッション」という考えからアンティーク着物や、オリジナルアイテムなども展開しているそうです。


●夢を諦めかけていたけれど……


 マドカさんは2017年に友人から頼まれ、花嫁の衣装を普段着のレース着物でスタイリング。その経験からレースでちゃんとした花嫁着物をつくってみたいと思い、何度かチャレンジしたとのこと。


 しかし、その道のりは険しく途中で断念。諦めかけていたそうですが、2024年の4月に開催されたVFW(バンクーバーファッションウイーク)への出展が決まり、もう一度チャレンジすることに!


●夢の花嫁衣装が完成!


 洋裁もできる和裁のスペシャリスト宮本美穂先生(@juju.inko_miho)に出会い、一緒に挑戦してもらえることになったマドカさんは、細かいところまで丁寧に提案をもらいながら、自身が思い描いていたレース着物を少しずつカタチにしてもらいました。


 さらに、ヘッドドレスはアクセサリー作家のyuminiqueさん(@yuminique)、筥迫と懐剣はハンドメイド作家のmaison de legrandさん(@maisondelegrand)にお願いして制作してもらったそうです。そして、ついに7年越しの夢であるレース着物が完成!


●美しい衣装に感嘆の声


 その着物は、全身が繊細なレースで作られており、目を見張るほどの美しさ! 裾には、キレイに広がる種類の違うレースがあしらわれており、隅々までマドカさんのこだわりが詰まっています。こんなにステキな着物を結婚式に着られたら一生忘れられない思い出になりそうですね。


 着物が完成してからも、モデルさんやフォトスタジオのスタッフさんなど本当にたくさんの人に協力してもらったというマドカさん。ずっと思い描き続けてきた夢は、いろいろな人の協力があってこそかなえられたようです。


 コメント欄には「あの頃に出逢えてたならぜひ着たかった」「すごくステキなレース着物」「美しいデザインすぎて一目惚れしました」「夢のようにステキです……」といった声が寄せられています。


●マドカさんの他の作品を見る


 マドカさんは、品よく着れるレトロポップなファッションをX(Twitter/@moremadoka)、お店のInstagram(@colorful_more)、個人のInstagram(@moremadoka)、YouTubeチャンネル「カラフリスト マドカ」にて公開中。また、今回紹介したレース着物は非売品でレンタルのみWebサイト「カラフルブティックモア」のお問合せフォームから受け付けています。


画像提供:マドカ(@colorful_madoka)さん


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定