「なぜ命を奪われたのか」=解答求め続ける遺族―神戸連続児童殺傷27年

102

2024年05月24日 04:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

連続児童殺傷事件で殺害された土師淳君の命日を前に、取材に応じる父親の守さん=13日、神戸市中央区
 神戸市須磨区で1997年に起きた連続児童殺傷事件で、小学6年だった土師淳君=当時(11)=が殺害されてから24日で27年となった。父親の守さん(68)が命日を前に取材に応じ、「なぜ命を奪われたのか。納得できる解答を求め続けている」と話した。

 加害男性(41)は逮捕時14歳で、少年審判を経て医療少年院に収容された。審判の傍聴や事件記録の閲覧は、守さんら遺族にも認められなかった。

 男性からは、仮退院した2004年以降、命日の前に手紙が届いた。守さんは手紙を前向きに読み取るよう努めたが、男性が15年、遺族に無断で手記を出版。「今まで書いていたことはうそだった」と思い、翌年から受け取りを拒否した。手紙は18年に途絶えた。

 守さんは「男性が自分自身を見詰め直して書く手紙は、(なぜ命を奪われたかの)一つの解答につながるかもしれない」と考える。拒否した2通の手紙も気持ちが落ち着いてから受け取り、目を通した。今後男性から手紙が届けば、読むつもりだという。

 22年には神戸家裁で事件の全記録の廃棄が判明。「(事件の)状況を知るには彼の言葉しかない」と話し、男性に「解答を得るために必要な行動を起こしてほしい」と求めた。

 事件は97年2〜5月に発生。小学生5人が相次いで襲われ、4年生だった山下彩花さん=当時(10)=と淳君が死亡した。 

このニュースに関するつぶやき

  • 犯罪史上類をみない凶悪犯罪なのに裁判所が裁判記録や調書捨てたんだってね…
    • イイネ!38
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(57件)

ニュース設定