長期金利1%「丁寧に注視」=植田日銀総裁

9

2024年05月26日 01:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 【ストレーザ(イタリア北部)時事】日銀の植田和男総裁は25日、先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の閉幕後に記者会見し、長期金利が1%台と約12年ぶりの水準に上昇したことについて「長期金利は金融市場で形成されることが基本だと考えている。市場の動向を今後とも丁寧にモニタリングしていく」と述べた。

 一方、鈴木俊一財務相は会見で「金利上昇は利払い費の増加を招き、財政を圧迫する恐れがある」と説明。その上で「災害対応や社会保障など必要な公共サービスをしっかりと提供できるように財政の強靱(きょうじん)化を高めることが重要だ」と強調した。 

このニュースに関するつぶやき

  • 財政の強靭化は要らないね。金利の利息の方が消費者には利益がある。いつなっても配られないものを待っていても仕方がない。5年でやって来る確実性と。手を出してしかも支払いを求める奴らじゃ話にならない。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定