台風1号が発達・北上 29日には「強い」勢力で大東島地方に接近 関東の南を北上か

4

2024年05月27日 16:06  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

台風1号が発達・北上 29日には「強い」勢力で大東島地方に接近 関東の南を北上か

強い台風1号は、このあと速度を速めながら北東へ進み、さらに発達。29日には強い勢力のまま沖縄の大東島地方に接近する見込み。大東島地方では明日28日からうねりを伴って波が高くなる見込み。大雨や暴風や高波に注意・警戒。台風1号は30日には日本の南へ。31日は関東の南を北上か。



●台風1号 コンパクトながら発達


台風1号が発達しながら北上中です。
午後3時現在、強い台風1号は、フィリピンの東を時速15キロで東北東へ進んでいます。台風は次第に速度を速めながら北上し、さらに発達する見込みです。

29日には暴風域を伴ったまま強い勢力で、沖縄の大東島地方に接近するでしょう。大東島地方では、明日28日からうねりを伴って波が高くなる見込みです。大雨や、暴風や高波に注意・警戒し、海岸付近には近づかないようにしてください。

台風1号は、30日は日本の南を北東へ進み、31日には関東の南海上を通り、日本の東へ進むでしょう。6月1日には日本の東で温帯低気圧に変わる見込みです。31日は、関東の沿岸部でも台風本体の雨雲がかかり雨や風が強まる可能性もあります。まだ予報円が広いため、今後の動きにご注意ください。

今回の台風は「発達しながら速度を上げて進む」見込みです。台風1号の特徴としては、コンパクトながら、「近づくと急に雨や風が強まる恐れ」があります。また、台風の北上に伴って、日本付近を通る前線に暖かく湿った空気が流れ込むため、「台風が離れていても大雨に警戒」が必要です。


●台風1号北上+前線 広く警報級大雨の恐れ


29日にかけては南西諸島から福島県まで広い範囲で警報級の大雨となる可能性があります。
局地的には短時間で一気に道路が冠水するような非常に激しい雨が降るでしょう。

特に、九州南部では雷を伴って局地的に猛烈な雨が降る見込みです。
今夜から明日28日の日中にかけては、鹿児島県と宮崎県では、「線状降水帯」が発生し、大雨災害の危険度が急激に高まる恐れがあります。
山の急斜面や増水した川の近くなど、危険な場所には絶対に近づかないようにしてください。

今後発表される情報に注意しながら、安全な場所でお過ごしください。


このニュースに関するつぶやき

  • 少しずつ北に軌道修正されとるな、勘弁
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

前日のランキングへ

ニュース設定