広島、交流戦白星発進で4連勝&貯金6でリーグ首位浮上 床田単独トップ6勝目

13

2024年05月28日 20:55  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

オリックス戦に先発登板した広島・床田寛樹 (C)Kyodo News
○ 広島 2 − 1 オリックス ●
<1回戦・マツダスタジアム>

 広島は交流戦白星発進で今季3度目の4連勝。貯金は今季最多を更新する「6」となり、この日の日本ハム戦(甲子園)が降雨中止となった阪神を勝率で抜き今季初めてリーグ首位に立った。

 広島打線は初回、2番・野間、3番・菊池の連続四球などで二死二、三塁の好機を作り、5番・末包の右前2点適時打で先制。立ち上がり不安定だったオリックス先発・エスピノーザから1安打で2点を先取した。

 先発の床田は初回から毎回走者を背負うも3回まで無失点。4回は元チームメイトの6番・西川に安打を許したあと中犠飛を許したものの、7イニングを最少失点で凌ぎ投手投手の権利を得た。

 1点リードの8回以降は島内、栗林の勝ちパターンがピシャリ。7回8安打1失点と粘った床田はリーグ単独トップとなる6勝目(2敗)、栗林もリーグトップを更新する15セーブ目(0勝1敗)をマークした。

このニュースに関するつぶやき

  • 絶対的守護神栗林が復調したから勝ちパターンにさえなれば勝負ありに持ち込めるのが大きいね。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定