契約してないのにポストに新聞が!…どうしたらいい? 読売新聞に聞いた

35

2024年05月29日 07:40  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

ポストにメモを貼りましたが ※エジプトさん提供

「新聞取ってないってば」

【写真】ポストにメモ→次の日はここに。投稿主さんのメモが秀逸!

とX(旧Twitter)に投稿したエジプトさん(@egypt_miracle)。契約していないはずの新聞が、自宅マンションのポストに投函されていたといいます。

「新聞取ってません。入れないでください」

と配達員にメモを書いて、ポスト前に貼り付けました。ところが――。

今度はポストに入れない代わりに、新聞が玄関前に置かれていました。ポストに入れなければ良い――とでも思われたのでしょうか…?

「そういう事ではありません」

と、再度メモを残すエジプトさん。

契約した覚えのない新聞が繰り返し届けられたという事態。

「普通は取ってないお宅には入れないんだけど…」
「これは終わりそうにないや」
「コントみたいになってきてますね」
「無料でお配りしています的なやつ?」

Xのリプ欄にも、さまざまなコメントが寄せられました。

新聞が投函されていた意外な理由

増えていく未契約の新聞に、エジプトさんの抗議のメモ…。

この状況に、エジプトさんの彼氏さんが地域の新聞の販売店に連絡。事情を話し、無事に投函を止めてもらえたとのこと。

未契約にもかかわらず投函されていた理由については、「前の住人の契約が解除されずに残っていた」ことが原因だったといいます。

意外にあるあるな誤投函…その対処法は?

前の住人の方の契約残留が、今回の誤投函の原因でした。

エジプトさんに限らず、このようなケースは多くあるものなのでしょうか?またそのような事態に陥ってしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか?

「読売新聞グループ本社」の広報部にお話を聞きました。

「未契約者の方から『誤って新聞が届く』というご連絡が入ることはあります。契約者の方が連絡なく引っ越したケースや、契約を忘れている方もいらっしゃいますが、集合住宅での部屋番号の間違いなど単純な間違いもあります」

新聞が誤って投函されてしまうことは、意外にありがちなようです。その場合、どのように対処すればよいのでしょうか?

「誤って新聞が届けられた場合、居住者の方が読売新聞販売店(YC)の配達スタッフにメモなどで伝えていただければ、販売店の所長や店長、スタッフらが直接状況を確認させていただき、未契約者だとわかれば配達を中止しております。YCに直接電話していただければ、その時点で契約状況などを確認できますので、より迅速な対応が可能です

お住まいの地域の販売店に相談すれば、投函を止めてもらえるとのこと。

なお、今回の場合は配達員に伝えても効果がなかったようですが、意思疎通がうまくいかなかったのかもしれませんね。やはり販売店に直接問い合わせた方が、確実といえるのかもしれません。

もし、それでも対応されなかった場合は、「読売新聞のお客さまセンターでも、購読に関するお問い合わせを受け付けております。万が一対応の悪いYCがあれば、本社が改善するよう指導しております」とのこと。

また、誤投函以外にも、未契約の新聞が投函されるケースがあるといいます。

「読売新聞では、“試読紙”として未契約者の方に最長14日間、無料で新聞をお届けすることがありますが、試読紙(無料)だとわかるチラシを挟んで配達するようにしています」

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・竹中 友一(RinToris))

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 俺のところにも顕正会からそもそも居所氏名も教えたはずないのに一方的に機関誌送り付けられ非常に迷惑している
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(25件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定