「シーイン」のキッズアイテムに発がん性有害物質を確認、不妊症や早産など生殖機能にも影響か

57

2024年05月29日 19:40  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真
 韓国・ソウル市が5月28日、「シーイン(SHEIN)」など中国発ECプラットフォームが展開するキッズアイテムにおいて、有害性物質を確認したと発表した。

 ソウル市は、4月から2ヶ月間毎週にわたり、シーインや「ティームー(Temu)」、「アリエクスプレス(Ali Express)」など海外直輸入商品における安全性検査を実施。その結果、調査した全93製品のうち40製品から韓国政府が設定する安全基準値の428倍に相当する有害物質が確認された。具体的には、フタル酸系可塑剤や重金属などを確認。最も多く検出されたのはフタル酸系可塑剤で、同物質はプラスチックを柔らかくする化学薬品として知られており、基準値を超えると内分泌系障害を起こし、精子数減少や不妊症、早産など生殖機能に影響を与える可能性があるほか、発がんリスクもあるという。
 また、直近に行われた検査では、シーインのバッグや靴、ベルトなどの子ども用革製品計8アイテムを調査。そのうち7つのアイテムから、フタル酸系可塑剤やホルムアルデヒドなどの有害物質が検出された。
 ソウル市はこれまでの検査結果を受け、同ECプラットフォームに対し、有害物質が確認された商品の販売中止を要求。また、民間検査機関3社と業務契約し、今後は検査規模や検査精度を向上させていくという。

このニュースに関するつぶやき

  • じゃあ100均もダメじゃん?9割メイドインチャイナ。
    • イイネ!5
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(36件)

ニュース設定