中日、今季7度目の完封負けで連勝ストップ…小笠原8回1失点も援護なく4敗目

4

2024年05月29日 21:05  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

中日・小笠原慎之介 (C)Kyodo News
● 中日 0 − 1 西武 ○
<2回戦・バンテリンドーム>

 中日は今季7度目の完封負け。連勝は「3」でストップし、再び借金「2」となった。

 中日打線は西武先発・隅田の前に凡打の山。3回は一死から8番・岡林がチーム初安打放つも、続く小笠原はバント失敗。そのあと一走・岡林が牽制死となり、この回も結果的に3人で攻撃終了となった。

 1点を追う8回は二死からの連打で一、三塁としたが、代打・大島は三邪飛。9回は相手守護神・アブレイユの乱調につけ込み一死一、二塁としたが、最後は4番・細川が投ゴロ併殺に倒れ試合終了となった。

 先発の小笠原は5回まで無失点。6回は二死一、三塁で5番・蛭間を内角球で詰まらせたが、これが不運な三塁内野安打となり先制点を失った。続投した8回は1番から始まる西武上位打線を3者凡退斬り。直後にチームメイトを鼓舞するような雄叫びを上げたが、攻撃陣は二死一、三塁の好機だった8回裏も得点できなかった。

 小笠原は8回5安打1失点と力投し、開幕から9試合連続でクオリティ・スタート(QS=6回以上、自責点3以下)を達成するも敗戦投手。またしても打線の援護に恵まれず、今季4敗目(2勝)を喫した。

このニュースに関するつぶやき

  • この3連戦の相手投手からは左打者を並べたいのに、外野手に左が偏り、内野手に右が偏っている弊害もあった。右打者が打てないのに、二軍で1試合出ただけの中田を使ったのも。
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定