「画期的」「被告は向き合って」=実刑判決受け、遺族ら会見―那須雪崩事故

5

2024年05月30日 21:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

那須雪崩事故の判決を受け、記者会見する遺族の奥勝さん(前列左から2人目)ら=30日午後、宇都宮市
 「警鐘を鳴らす画期的判決」「被告は向き合って」。那須雪崩事故で生徒を引率した教諭ら3人を実刑とした地裁判決を受け、遺族らは30日、宇都宮市内で記者会見し、判決を評価した上で3人に反省と謝罪を求めた。

 長男公輝さん=当時(16)=を亡くした遺族会代表の奥勝さん(52)は「学校安全に警鐘を鳴らす画期的な判決だ。各学校の先生たちの教訓となってほしい」と再発防止への願いを語った。

 「雪崩は予見できなかった」などとする弁護側の無罪主張が次々と退けられたことには「不合理な弁解だと断じていただけた」と評価。法廷で裁判長が「人災だ」と指摘したことについては「事故から7年間主張してきた思いが通じた瞬間だった」と喜び、「判決を区切りに、息子の冥福を純粋に祈りたい」と願った。

 次男淳生さん=同(16)=が犠牲になった高瀬晶子さん(57)は「どんな判決が下りるのだろうと毎晩寝付けなかった。裁判長の一言一言に『そうだ』と思いながら聞いていた」と振り返り、「妥当な判決。真摯(しんし)に受け止め、控訴することなく刑に服してもらいたい」と涙ながらに話した。

 事故では生徒7人のほか、教諭の毛塚優甫さん=同(29)=も死亡した。父辰幸さん(72)は「8人は事故さえなければ何十年と豊かな人生が続いていたはず。教諭らは事故と向き合い、非を自覚して反省してほしい」と訴え、謝罪を求めた。 

このニュースに関するつぶやき

  • 最高裁まで争うんだろうね…酷い事故だよ…
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定