松田宣浩氏「東浜投手の四球がもったいなかった」巨人・高橋礼、古巣・ソフトバンク戦に先発するも…

1

2024年05月30日 21:14  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

巨人・高橋礼 (C) Kyodo News
○ 巨人 6 − 5 ソフトバンク ●
<3回戦・東京ドーム>

 巨人の高橋礼が30日、古巣・ソフトバンク戦に先発したが3回5失点でマウンドを降りた。

 高橋は初回わずか11球、3人で片付け、続く2回は先頭の山川穂高に左安を浴びるも、近藤健介、栗原陵矢を遊ゴロで2アウトとする。しかし、3つ目のアウトを奪うのに時間がかかった。三森大貴に四球を与えると、甲斐拓也にレフト前に先制の適時打を浴びる。

 30日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−ソフトバンク』で解説を務めた松田宣浩氏は、「もう1つランナーが空いていたので、次は東浜投手。もう一つゆっくりいくべきでしたね。初球の入りが甘かったですね」と指摘。

 高橋は続く先発投手の東浜巨を打ち取りたいところだったが、まさかの四球。松田氏は「三森選手で切りたかったんですけど、そこで四球になって少しスッと取りに行ったところを甲斐選手に打たれて、気持ちの整理ができずに東浜投手の投球になって結果四球になってしまいましたね。甲斐選手の初球のタイムリーはしょうがないんですけど、東浜投手の四球はもったいなかったですよね。投手心理としてはランナーがいましたから打たれたらヒットになるということもあったんじゃないかなと思いますね」と解説した。

 二死満塁から柳町達に2点適時打、さらに柳田悠岐に適時打をくらい、このイニングだけで4点を失った。高橋は3回も甲斐に2打席連続適時打を浴び、3回・76球を投げ、8被安打、3奪三振、2与四球、5失点でマウンドを降りた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定