EU議会選挙で極右・国民連合が得票率トップに 大敗の仏マクロン大統領、議会解散と総選挙の実施を発表

34

2024年06月10日 11:49  TBS NEWS DIG

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TBS NEWS DIG

TBS NEWS DIG

投票が終了したEU=ヨーロッパ連合の議会選挙は、極右政党などEU懐疑派が議席を増やすとみられます。フランスでは極右政党が得票率でトップとなり、マクロン大統領は国内の議会を解散し、総選挙を実施すると発表しました。

EU議会選挙は加盟27か国でそれぞれに割り振られた、あわせて720議席を選ぶもので、6日から9日まで投票が行われました。

フランス公共放送によりますと、フランスではEUの移民政策や厳しい環境規制に反対した極右の国民連合が得票率31.5%でトップとなり、マクロン大統領の与党連合に2倍以上の差をつける見込みです。

フランス 国民連合 マリーヌ・ルペン前党首
「国全体で、国民の素晴らしい力が高まっているのを見るのは感動的だ」

一方のマクロン大統領は。

フランス マクロン大統領
「私にとっても受け入れられない状況です。国粋主義者とデマゴーグの台頭は、フランスだけではなくヨーロッパにとっても危険なことです」

テレビ演説でこのように述べ、議会下院にあたる国民議会を解散し、6月末から総選挙を実施すると発表しました。国民議会の解散は27年ぶりです。

EU議会全体では親EUの3会派が過半数を維持する見通しですが、EUに懐疑的な極右や右派の2会派が議席を伸ばし、会派に属していないドイツの極右政党を合わせれば、EU議会全体のおよそ2割の議席を占めると予測されています。

このニュースに関するつぶやき

  • 初登場の頃を思い出すとルペンも外ヅラはソフトになったもんだが…フランスの伝統的ことわざ「心は左に、財布は右に」っての、この先どうなるのかしら?
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(22件)

前日のランキングへ

ニュース設定