iPhoneをMacからワイヤレス操作 最新のmacOSに「iPhoneミラーリング」搭載へ

9

2024年06月11日 06:11  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

iPhoneとワイヤレス接続してもiPhone側はロック画面のまま

 米Appleは6月10日(現地時間)、macOSの新バージョン「macOS Sequoia」を発表した。2024年秋に登場予定で、AI機能「Apple Intelligence」(以下、Apple AIと表記)やパスワード管理アプリの他、iPhoneを遠隔で操作する「iPhoneミラーリング」を搭載する。


【写真を見る】iPhoneの通知をMacで受け取れるしデータをMac→iPhoneにドラッグアンドドロップ可能


 iPhoneミラーリングは、Macから直接iPhoneをワイヤレスで操作できる機能。Macの画面に、iPhoneのスクリーンが登場。マウスやトラックパッド、キーボードを使ってiPhoneを操作できる。MacとiPhone間のデータ移動も可能で、例えばiPhoneで動画編集アプリを立ち上げ、Mac内の素材をアプリにドラッグアンドドロップできる。iPhoneに来た通知をMacで受け取り、そのまま応答も可能だ。


 なおワイヤレス操作中、iPhoneはロックされたままなので、誰かがiPhoneにアクセスしたり、iPhoneでの操作を覗き見できないようになっている。


 パスワードアプリも組み込まれた。もともと、macOS含むAppleデバイスには「キーチェーン」と呼ばれるパスワード管理システムが内蔵されているが、macOS Sequoiaでは「パスワード」という名のアプリに刷新。パスワード、パスキー、Wi-Fiパスワード、認証情報を一元管理でき、iCloudとの同期も可能。iCloud for Windowsアプリで、AppleデバイスとWindowsデバイスでの同期も可能となる。


 Apple AIは、Appleが独自に構築したAIシステムで、iOSやiPadOSだけでなくmacOSにも搭載。文章の校正や要約、画像生成(Image Playground)、写真アプリの検索性能向上やApple版“消しゴムマジック”などを実現。Apple AIは「Siri」も大幅に強化しており、Mac内のデータをもとに、より複雑でパーソナルな操作を自然な会話で指示できるようになる他、Apple AIからChatGPTに無料かつアカウント作成不要でアクセスすることも可能だ。Apple AIはM1以降のApple Silicon搭載Macで利用できる。


 その他、Safariのアップデート、ウインドウのタイル表示方法の追加、FaceTimeやZoomなどに対応するビデオ会議機能のアップデートなどを追加。メモアプリもアップデートされ、Apple AIによる文字起こしと要約機能を追加した。


このニュースに関するつぶやき

  • ウチのIntel iMac 27インチは既にOSアップデート対象外になってるから関係無いな。Macは最近、強制買い替え期間が短すぎる。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定