今年の夏は“とうもろこしブーム”到来!?「宝石のような赤色」から「予約待ち2千件」まで!とうもろこしが今アツい【THE TIME,】

49

2024年06月11日 07:39  TBS NEWS DIG

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TBS NEWS DIG

TBS NEWS DIG

クックパッドの「食トレンド予測2024」。パリおにぎり、クラフト紅茶、モノクロスイーツなどが並ぶ中、唯一野菜で選出されたのが「とうもろこし」。品種改良が進み、メロンよりも糖度が高いものから、日本初の“赤いとうもろこし”。さらには、“予約待ち2千件”まで出てきた「とうもろこし」の最新事情に迫ります。

【写真を見る】今年の夏は“とうもろこしブーム”到来!?「宝石のような赤色」から「予約待ち2千件」まで!とうもろこしが今アツい【THE TIME,】

さつま芋の次は、とうもろこしが来る!

「今とうもろこしは甘いものが増えているので、スイーツっぽく楽しまれるのではと予想している」と話すのは、クックパッド編集部の植木優帆さん。
これはさつま芋がブームになった経緯と似ていて、すでにプリンやラテ、かき氷にも、とうもろこしが使われ始めているとのこと。

そんな“とうもろこしスイーツ”に欠かせないのが、糖度の高いとうもろこしですが、静岡県には、“争奪戦になっている”という現場がありました。

“メロンよりも甘い”とうもろこしが育つ2つの秘訣

静岡県西部の山間地にある森町。午前4時半に取材班が到着すると、すでに売店の前には行列が!先頭の男性はなんと「前日の夜11時半から並んでいる」とのこと。そのお目当ては、『森のとうもろこし』。

黄色と白の粒が入り混じったバイカラーで、1袋(5〜8本)1400円(※税込)。平日は2万本、週末は3万本が完売するほどの人気だといいます。

人気のワケは、糖度20度という甘さ!これは完熟マンゴーやメロンよりも高い数値で、獲れたてを生で食べたTHE TIME,マーケティング部の原千晶部員は「ウソでしょ!この甘さ。甘すぎます!」

この品種「甘々娘(かんかんむすめ)」は、他の地域でもよく栽培されているものですが、ここまで甘くなる秘密は、「土地の寒暖差にある」と生産者の鈴木農園・鈴木弥さんは話します。

森町では、この時期、日中は26〜27℃でも朝方には15℃ほどに。とうもろこしは、日中に葉の光合成で作ったエネルギーを夜間、糖分に変えて実に蓄えるため、寒暖差が大きいほど甘く育ち、夜明け前が一番糖度も水分も多くたまり美味しくなるといいます。

鈴木農園 鈴木さん:
「なので朝4時半に収穫して、即販売。とうもろこしは収穫した時からどんどん糖度が落ちていく」

ただ、一度加熱調理すれば、美味しさは保つことができるとのことです。

甘さの秘密は、もう1つ。この地に代々伝わる「三毛作」にもありました。鈴木さんの畑では、とうもろこしを収穫した後に、畑を水田にして米作り。さらにその後にレタスを栽培しています。

鈴木農園 鈴木さん:
「とうもろこしの収穫後に茎も一緒に耕すので、土が肥料過多になる。お米を植えるとお米がその養分を吸ってくれるので、レタスを植える前に土をリセットできる」

とうもろこしは、単価が安いうえ、1株から1〜2本しか収穫しないため、採算のとれにくい野菜。三毛作は、それをカバーするだけでなく、とうもろこしに適した土作りにも役立つとのことで、全国からの視察も多いと話します。

1本540円でも大ヒット「京都舞コーン」

静岡県の鈴木農園で勉強し、「ネギ⇒とうもろこし⇒枝豆」の三毛作で大ヒットとうもろこしを作り出したのが、京都・久御山町のロックファーム京都。

ネギを育てた後の土は、とうもろこしに適しているそうで、実が真っ白な「ホワイトコーン」の糖度は18度とメロン並み!さらに京都といえば舞妓さん、ということで、『京都舞コーン』と命名し、とうもろこしを持った舞妓さんのポスターなどでPRすると、予約待ちが2000件に!去年は売り上げが10万本を超える大ヒットとなりました。

ロックファーム京都 村田翔一さん:
「ダジャレみたいな名前ですけど、いずれは海外でも販売していきたいというのもあるので」

質にこだわり、1本540円(※税込)とちょっとお高めですが、すでに今年も予約が殺到!!争奪戦が始まっています。

コーン革命!「赤いとうもろこし」は栄養も違う!

さらに、2022年、奈良県では“日本の農業界がざわついた”ほどの驚きの品種が誕生しました!それは、濃い紫色に近い宝石のような赤色の実に、芯も、ひげも赤い!というスイートコーン、『大和ルージュ』。

「手に取った人が笑顔になるような品種を作りたい」と5年の歳月をかけ、創業100年の種苗メーカー「大和農園」が生み出した新品種です。

大和農園商品開発部 金子久美さん:
「赤い色の秘密は、アントシアニン。ポリフェノールの一種なんですけど、イチゴの2.5倍のアントシアニンが含まれている」

イチゴやブドウなどにも含まれるアントシアニンといえば、目に優しく、抗酸化作用も期待できる成分。これまでの黄色や白のとうもろこしには含まれなかった、まさにコーン革命!

糖度は16度と、甘すぎないすっきりとした味わいで、料理にも使いやすいといいます。金子さんおススメの料理は、「実も芯もお米と一緒に炊く、とうもろこしご飯」。
天然色素が溶け出し、お赤飯のような見た目も楽しめ、芯から出汁も出て栄養満点の味わい深い一品になるといいます。

この「大和ルージュ」、今年は全国で栽培が進んでいるとのことで、店頭に並ぶ日も近いかもしれません。

安住アナそっちのけでガブり!

スタジオでは、とうもろこし大好き!という俳優の高橋克実さんが、静岡・鈴木農園の「森のとうもろこし」を試食。まずは生のままでガブり。すると、「これ生?!めっちゃうまい。全く茹でる必要ないですよ」と驚いた様子。

加熱するとさらに甘さが増すとのことで、電子レンジでの調理ポイントも紹介した。
*とうもろこし1本
▼一度水につけてラップに包む
▼電子レンジ500Wで片面3分ずつ加熱

そして加熱したものも食べた盒兇気鵑蓮峇鼎ぁ食べたことない!こんな甘いの」と絶句。安住紳一郎アナが「ちょっとチェイサーが必要なぐらいな甘さですよね」と冗談で返すもそっちのけで「もう止まらないです」とひたすらかじりついていた。
この様子に、『ラヴィット!』とのリレータイムでは、麒麟の川島明さんから「克実さん。美味しいとうもろこし送ります、こちらから」とネタにされ、大笑いで返す場面もあった。

(THE TIME,2024年6月10日放送より)

このニュースに関するつぶやき

  • 今既に予約待ちになっている品種が今年の争奪戦に入るのか?終わっているのでは?
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(35件)

前日のランキングへ

ニュース設定