アメリカ主導の“新たな停戦案の受け入れを求める”決議案を採択 国連安全保障理事会

15

2024年06月11日 10:03  TBS NEWS DIG

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TBS NEWS DIG

TBS NEWS DIG

国連安全保障理事会はパレスチナ自治区ガザでの戦闘をめぐり、新たな停戦案の受け入れを求めるアメリカ主導の決議案を採択しました。

【写真を見る】アメリカ主導の“新たな停戦案の受け入れを求める”決議案を採択 国連安全保障理事会

10日に採択された決議案は、アメリカのバイデン大統領が公表した新たな停戦案について、イスラエルとイスラム組織ハマスに対し、速やかに履行するよう求めるものです。

採決では15の理事国のうち日本を含む14か国が賛成し、ロシアは棄権しました。

アメリカ国連大使 トーマスグリーンフィールド氏
「イスラエルはすでに同意していて、ハマス次第で今日にも停戦できる」

新たな停戦案では、まず、6週間の停戦期間を設け、その後、▼ハマスが拘束する人質全員の解放や▼ガザでの恒久的な停戦について話し合うとしています。

このニュースに関するつぶやき

  • イスラエルに軍事支援しているアメリカの主導って時点で「内容をきちんと読まずには判断できない」と考えざるを得ない。
    • イイネ!1
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(12件)

前日のランキングへ

ニュース設定