永野芽郁の赤血球ぶりを監督称賛「完璧な細胞でした」佐藤健も「これが華」実写「はたらく細胞」

6

2024年06月11日 19:37  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

映画「はたらく細胞」制作発表会に出席した永野芽郁

映画「はたらく細胞」(武内英樹監督、12月公開)の制作発表会が11日、都内で行われ、俳優の永野芽郁(24)と佐藤健(35)がダブル主演することが発表された。


原作は講談社「月刊少年シリウス」で連載された清水茜氏による人気ファンタジー漫画。とある「人」の体内で年中無休で働いている数十兆個もの細胞を擬人化し、体の仕組みや細胞のはたらきを“バトル”として描く。永野が赤血球、佐藤が白血球を演じる。


永野と佐藤は18年のNHK連続テレビ小説「半分、青い」以来約6年ぶりの共演。劇中の永野は赤血球をイメージし、赤い帽子に赤髪。白血球役の佐藤は顔を白く塗っている。撮影を振り返った永野は「普段ないビジュアルで真面目にやっているのが面白かったです」と珍妙な光景に思い出し笑いした。


大ヒットシリーズ「のだめカンタービレ」「電車男」などを手がけた武内氏がメガホンを取った。武内監督は「永野さんは完璧な細胞でした」と武内組初参加の永野を絶賛。「どうやって細胞の役作りしたんだろうっていうくらい。自分の体に聞いたのかな」と不思議がると、永野は「そんなわけないでしょう(笑い)原作読みましたしアニメもいっぱい見ました」と役へのアプローチを回顧した。


細胞が37兆個ある体内を表現するため、日本全国25都市でロケを行い、細胞役として総勢7500人のエキストラが参加。約800人のエキストラと撮影する日もあったといい、永野と佐藤が群数により“行方不明”となってしまうこともたびたびあったという。佐藤は「赤血球って個性があって、たくさんいる。永野さんは大衆の中にいても分かる。これが華かって思いました」と存在感を指摘。永野は「健さん褒め上手なんです。ありがとうございます」と恐縮していた。

このニュースに関するつぶやき

  • 監督絶賛。まあ、こんな場所で監督が「こんな大根役者始めて見た!」なんて発言は出来ないものね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定