NHK、25年度後期の連続テレビ小説は『ばけばけ』 小泉八雲の妻・小泉セツがモデル

186

2024年06月12日 11:09  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

NHK(C)ORICON NewS inc.
 NHKは12日、第113作目となる2025年度後期(大阪制作)の連続テレビ小説がタイトルが『ばけばけ』に決定したと発表した。松江の没落士族の娘・小泉セツがモデル。本作のヒロイン・松野トキが生まれ育つ島根県から物語は始まる。その後、ヒロインの人生が進むにつれて、舞台地も熊本など各地に移り変わっていく。脚本はふじきみつ彦氏が務める。

【写真】仲良くアンパンチ!朝ドラで夫婦役を務めることが決定した今田美桜と北村匠海

 外国人の夫・ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)と共に、「怪談」を愛し、急速に西洋化が進む明治の日本の中で埋もれてきた名も無き人々の心の物語に光をあて、代弁者として語り紡いだ夫婦の物語を届ける。実在の人物である小泉セツ(1868-1932)をモデルとしているが、大胆に再構成して登場人物名や団体名などは一部改称してフィクションとして描く。原作はない。

 小泉セツ(1868-1932)は松江藩家臣の小泉家の次女として生まれ、直後に稲垣家の養女になる。没落した家を支えるため11歳から織子として働く。1886年に結婚するも、1年で夫は出奔。その後、松江に英語教師として赴任してきたラフカディオ・ハーンのもとで住む込みで働くようになり、当時珍しかった国際結婚をする。再話文学の語り手として、ハーンの著作に大きく寄与した。

 ラフカディオ・ハーン(小泉八雲/1850-1904)はギリシャ生まれのアイルランド人(英国籍)。アメリカでジャーナリストとなった後、1890年に来日。松江に英語教師として赴任する。その後、熊本五高、東京帝国大学、早稲田大学でも教鞭をとる。1896年、小泉セツと結婚、日本に帰化し、小泉八雲を名乗る。『知られぬ日本の面影』『怪談』など、日本の古来の文化を記した著作は高く評価されている。

■『ばけばけ』概要
 人魂(ひとだま)よりさまよい、お化けより生きるのが下手くそな人たちに囲まれ、幽霊よりもこの世をうらめしく思う没落士族の娘・松野(まつの)トキ。

 絶対取り憑かれてるんじゃないか、早くお祓いに行った方がいいんじゃないかぐらいのつまずきを繰り返しながら、どこか憎めない人々と共に、それでも前向きに生きていきます。

 その人生の途中で出会うのが、ゴースト以上に居場所を見つけられず、トキ同様この世をうらめしく思いながら、世界を転々とした末に日本にたどり着いた異国人。

 トキは妖怪よりも厄介な彼に手を焼きつつも、怪しい話好きという共通点から次第に心を通わせると、うらめしかったこの世界は、いつしか、かけがえのない素晴らしいものに化けていくのです。

このニュースに関するつぶやき

  • 桂文珍「その居酒屋は幽霊を店員として働かせておりました。あるとき客が幽霊に尋ねます、お給料は出ているのかと。すると幽霊は答えました──  お足のことはわかりません」
    • イイネ!16
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(105件)

ニュース設定