【前編】凜々蝶様が、御狐神くんがそこにいた―― 「15周年記念 妖狐×僕SS・藤原ここあ展」を動画&写真50枚でご紹介

4

2024年06月12日 21:33  ねとらぼ

  • 限定公開( 4 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

「15周年記念 妖狐×僕SS・藤原ここあ展」に出席した声優の日高里菜さんと日笠陽子さん

 藤原ここあ先生の代表作で、2024年に作品生誕15周年を迎える「妖狐×僕SS」(いぬぼくシークレットサービス/通称いぬぼく)の「15周年記念 妖狐×僕SS・藤原ここあ展」が2024年6月12日から24日まで松屋銀座で行われることを記念し、6月11日にメディア内覧会が行われました。


【画像50点で見る:感動のいぬぼく展示物】


 当日は白鬼院凜々蝶役の声優・日高里菜さんと雪小路野ばら役の声優・日笠陽子さんも出席し、展示の見どころ、いぬぼくへの愛、アニメ化への思いを熱く語りました。前編ではまず、展示会の様子を余すことなくお届けします。


●「妖狐×僕SS」とは――


 藤原ここあさん原作で、スクウェア・エニックス刊『月刊ガンガンJOKER』で2009年から2014年まで連載された「妖狐×僕SS」。SS(シークレットサービス)つき最高級マンション「メゾン・ド・章樫(あやかし)」に入居した少女、白鬼院凜々蝶(しらきいんりりちよ)がそのSSとなる「御狐神双熾(みけつかみそうし)」と出会うことからストーリーが始まり、さまざまな妖怪の先祖返りたちと共に「これは長い長い時間のお話――。」をテーマにさまざまな物語を紡いでいきます。


 2012年には日高里菜さん、中村悠一さんらの豪華キャストで待望のアニメ化もされ、国内外を問わず高い人気を集めています。


●15周年記念 妖狐×僕SS・藤原ここあ展


 松屋銀座8階イベントスクエアにて開催される本会では、作品生誕15周年を迎える「妖狐×僕SS」をメインに、藤原ここあ先生の作品を展示。


 「これは長い長い時間のお話──。」をコンセプトに、15年という時を超えても色褪せることのない「妖狐×僕SS」の儚くも美しい世界を、漫画原稿やカラーイラスト、映像などを通じて体感できます。


 ここからは6月11日に行われたメディア内覧会の様子をお届けします。


 スクウェア・エニックスガンガンJOKER編集部一同から送られた祝花と大型のメディアパネルが飾られた入口をくぐるとまず待っているのは、ごあいさつ。


 2015年に急逝した藤原ここあ先生の描いた作品に対する趣向を凝らした展示についての説明がされているのですが、もうすでにこのごあいさつの色味から藤原ここあ先生が描いてきた作品の繊細な色づかいを感じられるような気がして目頭が熱くなります。


 第0章ブースでは、作品の世界へイメージトリップできるような各キャラクターの紹介が行われており、そこから1〜3巻の世界観を堪能できる第1章ブースへ続くのですが何といっても注目すべきポイントは展示の配置。


 豆狸の先祖返り渡狸卍里(わたぬきばんり)特設展示の隣には、がしゃどくろの先祖返り髏々宮カルタ(ろろみやカルタ)の“メニアーーック”な展示ブースが用意されており、「分かってる……」感満載です。


 4巻〜8巻までの世界観を展示した第2章ブースでは凜々蝶、御狐神、反ノ塚連勝(そりのづかれんしょう)、野ばら、青鬼院蜻蛉(しょうきいんかげろう)、カルタ、渡狸、夏目残夏(なつめざんげ)といったおなじみの章樫館メンバーの美麗イラストが飾られており、そのひとつひとつがていねいに展示されています。


 中でもポイントは残夏お兄さんのスケッチブックでのイラスト解説で、原作ファンにはたまらないポイントとなっています。


 また本展示会最大のポイントともいえるのが、この第2章ブースのタイムカプセル展示です。作品の大きなカギを握るタイムカプセルが会場に実際に登場しており、錆びた缶の中にはあの人の名前が描かれた手紙が入っているのです。


 魂が震えるようなこの展示には取材に訪れた報道陣もかなりグッと来た様子で、多くの記者が撮影を行っていました。


 またこのタイムカプセルの近くには、藤原ここあ先生直筆のラフ・下描きも展示されており、いぬぼくファンの琴線に触れること間違いなしの流れとなっています。


 しかし、泣かせるだけでは終わらないのがいぬぼく。しっかりとギャグパートも用意されており、日高さんが“変態コーナー”と名付けた野ばらの「メニアック」ゾーンと、蜻蛉の「Yoizo! Yoizo!」ゾーンでは、「この展示の流れを考えたスタッフ、実にS!!!」とのセリフが聞こえてきそうな素晴らしいパネルが美しく展示されています。Yes,Maniac……!


 さらに野ばらの相棒、反ノ塚の展示ゾーンでは“注意書き”も必見。あのキャラクターが反ノ塚のために展示場の注意をしてくれているので見逃さないようにしましょう。


 そして終盤には、物語のカギを握る「繰り返すこと」をイメージした展示が。繊細なセリフ、描写、そしてキャラクターの表情が一気にいぬぼくファンの心に語り掛けてくるような展示でこちらも大きな見どころの一つとなっています。


 いぬぼく最後の展示となるシアターブースを抜けた先に待っているのは第4章ブース。


 7月9日からアニメ放送がスタートする「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」の展示ブースが用意されており、ミラ、深森白夜(みもりびゃくや)のイラストを中心にあのキャラクターたちの美麗イラストが並んでおり、こちらにも藤原ここあ先生直筆のラフ・下書きが展示されています。


 最後の第5章ではカラーイラストギャラリーが用意されているほか、藤原ここあ先生によって生み出されたキャラクターが集合したフォトスポットが来場客を見送ります。このイラスト集合は本当に美しいので、じっくり最後の最後まで細かく鑑賞することをオススメします。


 グッズもたくさん用意されている本展示会。後編の記事では白鬼院凜々蝶役の日高里菜さんと雪小路野ばら役の日笠陽子さんのインタビューをお届けします。


(C)Cocoa Fujiwara/SQUARE ENIX


(Kikka)


【藤原ここあ プロフィール】


1998年に第7回21世紀マンガ大賞において「Beauty and the Beast」が佳作を受賞。翌年の「ガンガンWING」3月号に掲載された「CALLING」でデビュー。


▼主な刊行作品▼


「わたしの狼さん。」


「dear」


「お嬢様と妖怪執事 -藤原ここあ短編集-」


「妖狐×僕SS」


「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」


【作品紹介】


「妖狐×僕SS」


妖怪の先祖返りの人間達が集う最高級セレブマンション「メゾン・ド・章樫」(通称・妖館)で、住人とシークレットサービス(ボディーガード)の妖しい生活が始まる───。


月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)にて2009年5月号から連載され2014年3月号にて完結。


2012年にはTVアニメ化されました。


【開催概要】


展覧会 名 : 15周年記念 妖狐×僕SS・藤原ここあ展


公式サ イ ト : https://www.inuboku-ten.jp


公式X(旧Twitter) : @inuboku_ten


主 催 : いぬぼく展実行委員会


●東京会場


会 期 : 2024年6月12日(水)〜6月24日(月)


会 場 : 松屋銀座8階イベントスクエア


時 間 : 午前11時−午後8時


※6月16日(日)、23日(日)は午後7時30まで


※最終日は午後5時閉場 ※入場は閉場の30分前まで


※営業日・営業時間が変更となる場合がございます。詳しくは松屋銀座公式サイトをご覧ください。


協 力 : TOKYO MX


●愛知会場


会 期 : 2024年8月10日(土)〜8月25日(日)


会 場 : 名古屋PARCO西館6F PARCO GALLERY


時 間 : 午前10時−午後9時


※最終日は18時閉場


※入場は閉場の30分前まで


※営業日・営業時間が変更となる場合がございます。


●大阪会場


会 期 : 2024年9月6日(金)〜9月29日(日)


会 場 : 梅田ロフト4階イベントスペース


時 間 : 午前11時−午後9時


※最終日は18時閉場


※入場は閉場の30分前まで


※営業日・営業時間が変更となる場合がございます。


    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定