『ブルーモーメント』視聴者驚き「久々に見た」 “友情出演”の伊藤英明が「いつになってもかっけえ」と話題

3

2024年06月13日 11:21  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

水10『ブルーモーメント』第8話より(C)フジテレビ
 歌手・俳優の山下智久(39)が主演を務める、フジテレビ系4月期水10ドラマ『ブルーモーメント』(毎週水曜 後10:00)の第8話が12日に放送され、“友情出演”した伊藤英明(48)の男前な姿が話題になっている。

【画像】「久々に見た」『ブルーモーメント』に友情出演した伊藤英明

 土石流に巻き込まれ上野(平岩紙)の死から、活動停止となっていたSDM。晴原(山下)は研究に没頭していた。テレビのお天気コーナーには気象予報士の試験に合格した彩(出口夏希)はある時、気象解析により危険な雷が起こると予測し、山形広暉(岡部大)らSDMメンバーに連絡を取り、協力を求めた。

 一方、晴原は自身を助けた上野の息子・海斗(石塚陸翔)と向き合う。晴原は「(上野が)目の前の命を救うことだけを考えていた」などと伝え、海斗と共に苦しさと向き合い前を進むことを決意。「天気予報は命を救うためにある。でも予測だけでは救えない。だからこそSDMが必要なんだ」と奮起し、彩が進めていた雷の解析を開始した。

 危険な地域となるエリアを絞り込むことに成功した晴原は藤村(田中圭)に連絡し、雷警報をテレビで流すよう伝えるが、新時代のリーダーと言われている政治家・新島元樹(伊藤英明)のインタビューが予定されていた。藤村は悩んだ結果、雷の中継を優先。結果、SDMの予測通り危険な雷が起こったが、雷警報のおかげで大きな被害が出ることはなかった。急な放送内容の変更で藤村から謝罪された新島も「命を守ることが最優先。懸命な判断だったと思います」などと賛同した。

 そんな中、先月に起きた群馬県のガス工場爆発事故について、住人らが国を訴えると緊急記者会見を開く様子がテレビで中継された。その工場は園部が進めていた国家防災プロジェクトの一環であり、園部(舘ひろし)が責任を追及されていた。

 ドラマ終盤では、不敵な笑みを浮かべた新島がマスコミに囲まれた園部の様子を遠くから見つめるシーンが流れた。これを見た視聴者からは「ラスボスな顔してた、伊藤英明…笑」「伊藤英明、めっちゃ悪役ぅー」といった声が上がったほか、「うぇぇ?!」伊藤英明出てきて声出た」「伊藤英明いつになってもかっけえなあ」「伊藤英明を久々に見た」「伊藤英明さん久しぶり!」「伊藤英明出てたん!変わらんなぁかっこいい」「スーツ姿の伊藤英明がカッコ良すぎる」などと反響が寄せられた。

このニュースに関するつぶやき

  • 今期1番楽しみなドラマです。晴原さんがドーナツ食べるシーンはちょっと感動しました。悲しみを乗り越えて災害と向き合い人の命を守る。カッコいいドラマです。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定