杏林大学、職員が詐欺サイトにアクセスして個人情報漏えい

0

2024年06月13日 11:31  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

ニュースリリースより

 杏林大学は6月12日、職員のPCが不正アクセスを受け、患者77人分の個人情報などが漏えいした可能性があると発表した。5月上旬「業務中に偶然、詐欺サイトをクリック」したことが原因という。


【その他の画像】


 該当のPCに含まれていた情報は、患者ID・生年月日・診断名・検査結果77人分と、治験などの臨床研究に関する情報3件、学生の成績に関する情報119人分。


 外部調査機関による被害状況と影響範囲の調査を行う予定。詳細は分かり次第追って公表する。


 また、情報漏えいの可能性がある人には個別に連絡する。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定