人気コミック『ガチアクタ』、ボンズ制作で2025年アニメ化 キックオフPV解禁!

2

2024年06月13日 12:10  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

アニメ『ガチアクタ』キックオフビジュアル (C)裏那圭・晏童秀吉・講談社/「ガチアクタ」製作委員会
 人気コミック『ガチアクタ』が、アニメスタジオ・BONES(ボンズ)により2025年にテレビアニメ化されることが決定。あわせてキックオフビジュアル、キックオフPVが公開された。

【動画】制作はボンズ! 『ガチアクタ』キックオフPV

 原作は、「次にくるマンガ大賞2022」コミックス部門でGlobal特別賞を受賞した、「週刊少年マガジン」で連載中の人気漫画(漫画・裏那圭/graffiti design・晏童秀吉)。犯罪者の子孫たちが暮らすスラム街に生まれた孤児の少年・ルドを主人公にしたバトルアクションだ。裏那は本作の構想を練る中、グラフィティアートを取り入れることでより面白くなるのではないかと考え、グラフィティ・アーティストである晏童秀吉の協力を得た。

 監督を務めるのは、『有頂天家族』『SHIROBAKO』『THE FIRST SLAM DUNK』の菅沼芙実彦。「『ガチアクタ』の監督を務めさせていただくことになりました菅沼芙実彦です。この作品の持つ独特な世界観と熱量を120%でお届けできるよう、それからファンの方もアニメからご覧になる方も皆楽しめる作品になるよう頑張って参ります!」と意気込みを語る。

 シリーズ構成は『進撃の巨人 The Final Season』『WIND BREAKER』の瀬古浩司。「ストリート・ワイズ――『ガチアクタ』を読んだ時、真っ先に頭に浮かんだ言葉がこれでした。裏那先生と秀吉さんが学校の教室ではなく、ストリートで身を以て学び、時には痛い目を見て、それでもたくましくサヴァイヴしてきたことで得た知見や見識がこの作品の随所に散りばめられている。と僕は思っています。だからこそページをめくる度に荒削りで不器用だけれど真っ直ぐで力強く、そしてどこか懐かしいオールド・スクールなストリートの風を感じます。僕はそのような作品を心から愛してやみません」と原作への思いを明かす。

 キャラクターデザイン・総作画監督には、『A.I.C.O. Incarnation』『ゴジラ S.P』の石野聡。「『ガチアクタ』はストーリー、裏那さんの絵、秀吉さんのグラフィティ、作品の世界観全てが魅力だと感じています。裏那さんが描くキャラクターたちの多彩な表情表現・躍動感・デッサン等々全てが凄いです。この魅力ある裏那さんの絵を上手く表現出来ればと思います。それとカッコイイ、アクションシーンも楽しみにしていただければと思います。よろしくお願いいたします」と期待を込める。

 アニメーション制作は、『交響詩篇エウレカセブン』『僕のヒーローアカデミア』『鋼の錬金術師』を手掛けるアニメスタジオ・BONES(ボンズ)が担当する。

 今回の発表にあわせて公開されたキックオフビジュアルでは、主人公ルドが奈落に落ちていく姿が描かれている。「世界が変わる。すべての常識が覆る」というキャッチコピーの通り、漂う不穏な気配に期待が高まるデザインだ。また、キックオフPVは、原作コミックスとアニメ設定、そして晏童秀吉によるグラフィティアートが融合した圧巻の映像に仕上がっている。

 アニメ化の発表に伴い、原作コミックスの漫画:裏那圭、graffiti design:晏童秀吉からお祝いイラストとコメントも到着した。裏那は「好きなアニメが画面に映し出されるのをテレビの前に座って今か今かと待っていたチビ時代。そんなチビ時代の将来の夢の中には、自分の漫画がアニメ化すること、大好きなボンズさんに手掛けてもらうことが含まれていました。アニメ『ガチアクタ』画面の前で共に楽しみましょう」とアニメ化の喜びを語る。

 晏童秀吉は「動く『ガチアクタ』を観れるのが楽しみです! 隅々までお楽しみに!」とコメントを寄せている。

 さらに、アメリカ・ロサンゼルスにて開催される全米最大規模のアニメ展示会「Anime EXPO 2024」にて、本作のパネルイベント実施が決定した。アニメーション制作を担うスタジオBONES、エイベックスのプロデューサー、そして講談社の編集担当を交えて、アニメ制作の裏話について語る。来場者特典としてオリジナル限定グッズの配布も予定されている。

 『ガチアクタ』は2025年TVアニメ化。

このニュースに関するつぶやき

  • 面白そうですぅ!
    • イイネ!6
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定