元たいそうのおにいさん・佐藤弘道、「脊髄梗塞」で活動休止 「今は全く歩けません」

6

2024年06月13日 14:33  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

ひろみちおにいさんが「脊髄梗塞」で一時活動休止へ

 「たいそうのおにいさん」として知られるタレントの佐藤弘道さんが、体調不良のため活動を一時休止し、療養に専念すると6月13日に所属事務所が発表。現在は全く歩けない状態で、病名は「脊髄梗塞」と明かしています。


【画像】精力的に活動していた最近のひろみちおにいさん


 所属事務所の発表に直筆のコメントを寄せた佐藤さんは、「6月2日(日)、研修会指導に向かう機内で体調を崩し、下半身麻痺となり歩けなくなってしまいました。病名は『脊髄梗塞』です」と報告。現在は緊急入院し、投薬とリバビリの日々を送っていることを伝えました。


 脊髄梗塞とは、脊髄の周りの血管が何らかの原因で詰まり脊髄にダメージがおよぶ神経の病気。突然発症し、重度の麻痺や歩行障害を引き起こす可能性があるものです。佐藤さんは、「『脊髄梗塞』は残念ながら友好的な治療法が無いことは知っています」「リハビリでどこまで回復するか分かりません」と状況の深刻さを伝えた上で、「現実と向き合い、今出来ることを一生懸命に行い、また皆様にお会いできる日を楽しみにしております」と、復帰に向けた闘病生活に入ることを報告しました。


 突然の発表にネットでは「健康の象徴みたいなひろみちお兄さんが下半身麻痺になったのはショック」「イメージからは想像つかない急病だなぁ」「昔から親子で大好きだったひろみちお兄さんが……びっくりです」など衝撃が走っています。


 佐藤さんは1968年生まれの現在55歳。NHK・Eテレ「おかあさんといっしょ」では、1993年から12年10代目たいそうのおにいさんとして活躍。ひろみちおにいさんの愛称で親しまれました。


このニュースに関するつぶやき

  • 闇落ちして『ひろみちお兄さん』から『うらみちお兄さん』として復活…それはそれで見たいかもとか思わなくもないけど、健やかなる日常生活を取り戻し、お元気に過ごされることを願います
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定