ガスリー、ドライタイヤへの交換は1周早かったと認めるも「カートに乗っていたような気分で楽しかった」/F1カナダGP

0

2024年06月13日 18:10  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

2024年F1第9戦カナダGP ピエール・ガスリー(アルピーヌ)
 アルピーヌF1のピエール・ガスリーは、F1第9戦カナダGPの決勝レースでいち早くドライタイヤに交換したことについて1周早かったと認めたものの、カートに乗っていたような気分で楽しかったと振り返った。

 ガスリーは、カナダGPでスリックタイヤを履く最初のドライバーになるというギャンブルに出た。あやうく早々にリタイアを喫するところだったが、ガスリーの賭けは見事に報われ、最終スティントで非常によいペースを見せて9位まで順位を回復した。

 最終的には全員がスリックタイヤを履いたが、フィールドはミディアムタイヤとハードタイヤに分かれていた。アルピーヌは2台とも好ペースを見せたが、ガスリーはコース上に濡れた部分がかなり残っていたことが、ペースを発揮する助けになったかもしれないと認めた。

 ガスリーは、「ホイールを正しい位置に置くことがとても重要だった」と説明し、彼はカナダGPの最後の30周を心から楽しんだと認め、その経験をカート時代の経験になぞらえた。

「違ったアプローチがあることはわかっていたし、カートに乗っていた頃のような気分だったのでとても楽しかった。取ったラインは理想的なラインではないかもしれないし、時には縁石に乗り上げてしまうこともあるが、外側のタイヤが乾いた部分にあれば、グリップがさらに高まる。路面が乾きつつあるなかで、グリップが最も効く場所を見つけ出すのはとても楽しかったよ」

「僕たちはこのようなコンディションでうまくやれたと思う。最後の数周で、全員がいつものペースで走っていたとき、誰もが通常の予選順位に近づいていたが、ペースはかなり強力だったと思う。とても楽しめるコンディションだった」

 ガスリーは、スリックタイヤでピットから出た直後にウォールに衝突しそうになったにもかかわらず、その判断は“重要”だったと語った。

「ハードに切り替える判断を下したとき、不安定な状況になると分かっていたし、ピットから出てきたときはコースに留まるのがとても大変だった」

 また彼は、スリックタイヤを装着した後の最初の数コーナーでは「曲がることすらできなかった。フルロックしたし、マシンは1速でも曲がらなかった」と明かした。

「振り返ってみると1周早すぎた。でもこれは試さなければならなかったことだ。潜在的な利益を得たいのなら、リスクを冒す価値は間違いなくあったからだ。その後は、実際に多くのマシンをオーバーテイクすることができた。温度を上げて、たくさんのドライバーを抜くことができた」

「レースの間中、同じリヤウイングを見ていた先週(モナコGP)と比べると、かなり楽しかった。少なくとも今週末は、多くのアクションがあったと感じたし、とても楽しむことができた」
    ニュース設定