オリックスの連勝は7でストップ…今季9度目の零敗、5回6安打4失点の田嶋3敗目

8

2024年06月13日 21:21  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

オリックス・田嶋大樹 (C) Kyodo News
● オリックス 0 − 5 阪神 ○
<3回戦・京セラD大阪>

 オリックスは今季9度目の完封負け。5日のDeNA戦(横浜)から続いていた連勝は「7」でストップした。

 先発の田嶋は3回まで無失点。しかし0−0のまま迎えた4回、先頭の5番・原口への四球から一死二、三塁のピンチを招いた。8番・梅野は遊ゴロに打ち取るも、三塁走者の本塁突入を阻止しようとした遊撃・紅林の送球が間一髪のクロスプレーとなりセーフ判定。微妙なジャッジにオリックスベンチはリクエストしたが、判定は覆らなかった(記録は遊撃・紅林の野選)。

 田嶋はその後、9番・木浪、1番・森下に連続で適時二塁打を浴び一挙4失点。5回6安打4失点の内容で降板となり、今季3敗目(3勝)を喫した。

 攻撃陣は初回、先頭の来田が左失で出塁し、続く西野は右前打でつなぎ無死一、二塁の好機を作るも、3番・廣岡の中堅後方への大飛球で二走・来田がタッチアップできず。続く西川の遊直で今度は来田が飛び出してしまい、併殺で好機を逸した。

 5点を追う8回は二死から連打で一、二塁の好機を作ったが、『右大腿二頭筋の筋挫傷』から復帰した代打・森が遊飛。最後までホームを踏めず、阪神先発・西勇に今季初完封勝利を献上した。

このニュースに関するつぶやき

  • セ・リーグがホークスをやっつけられないので、パ・リーグが頑張って、広島以外を勝率5割未満にしてくだされ��ʥѡ���
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定