日本ハムが4カードぶりの勝ち越し 3番水谷&4番マルティネスで計7打点!

5

2024年06月13日 21:44  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

6回に同点打を放ちガッツポーズする日本ハム・水谷 (C)Kyodo News
○ 日本ハム 9 − 4 中日 ●
<3回戦・エスコンF>

 日本ハムは中日3連戦を2勝1敗で終え4カードぶりの勝ち越し。貯金は再び「7」となった。

 打線は1点を先制された直後の1回裏、一死から2番・清宮が右前打で出塁すると、3番・水谷が14試合連続安打となる右中間突破の適時二塁打を放ちあっさり同点。4番・マルティネスも中前適時打で続き2−1と逆転した。

 再び2点を追う展開となった6回は、無死一、二塁の好機でまたも水谷が、左翼手の頭上を越す2点適時三塁打を放ち4−4の同点。なおも無死三塁で続くマルティネスが右犠飛を放ち5−4と試合をひっくり返した。

 7回は1番・郡司の右前適時打で6点目を奪うと、またもマルティネスが中越え2点適時二塁打を放ちダメ押しの2点を追加。交流戦首位打者の水谷は3打点、マルティネスは4打点と、3・4番の二人で計7打点を叩き出した。

 先発の福島は4回3失点で降板したものの、5回からはリリーフ陣が1失点リレー。3番手で1イニングを無失点に抑えた山本拓が、古巣相手に移籍後初白星を手にした。

このニュースに関するつぶやき

  • 上手く打線が繋がり逆転出来ましたね。田中投手も点差ある中久々の抑え登板で緊張あったでしょうがお見事でしたね。水谷選手が交流戦初首位打者なるか最後の巨人戦に期待ですね
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定