<職場で仲良しごっこ!?>「逆らえない……」私はお局サマの言いなり【第4話まんが:先輩の気持ち】

1

2024年06月13日 22:00  ママスタセレクト

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタセレクト

ママスタ
【第1話】から読む。
前回からの続き。私は40代後半のヤスオカといいます。この部署にはずいぶんと長く勤めてきました。ここの実質的なボスは3つ上のトダさん。長く勤めあげている上にハッキリと物を言うため、上司ですらトダさんには頭が上がりません。私はトダさんと仲良くすることで良いポジションを保ってきました。しかしときにはつらいと思ってしまうことも。ハヤシスミレさんがこの部署に来たとき、正直なところなんだか救われたような気持ちになったのですが、そんな日々も長くは続きませんでした……。

幸か不幸か同じ女性である私は、どうやらトダさんに気に入られている様子。元々同性への仲間意識が強かったことに加え、何でも同調してくれるため、きっと私はトダさんを気分よくさせるのに十分な存在だったのでしょう。それをよく理解している私は、毎日欠かさず一緒に出社し、ランチにも必ず行くようにしました。
団体行動を無視したら 4_1_2団体行動を無視したら 4_1_3
トダさんはハヤシさんにフレンドリーに話しかけます。「若いから下の名前の方がいいかも」というトダさんの提案で、ハヤシさんのことは「スミレちゃん」と呼ぶことになりました。
団体行動を無視したら 4_2_1
しかしハヤシさんは、私たちがランチやゴミ捨てに誘っても、なんだかキョトンとしています。あまり集団行動には慣れていないのでしょうか。私はハヤシさんがトダさんの気分を害しやしないかと内心ハラハラしていました。
団体行動を無視したら 4_2_2団体行動を無視したら 4_2_3
それからトダさんの無視が始まりました。私はハヤシさんに対して特に何も思っていなかったのですが、トダさんの気分を損ねるわけにはいきません。業務上の質問をされても聞こえないふりを貫きました。そんなある日……。
団体行動を無視したら 4_3_1
そして上司は相談されたのに真摯に向き合わなかったことについて、アレコレと質問をされました。最終的には「何かしらの処分があるかもしれない」と言われ、私たちはようやく自分たちのしてきたこと、幼さを自覚することになったのでした。
団体行動を無視したら 4_3_2団体行動を無視したら 4_3_3
育休後に新しく異動してきたハヤシさん。新しい部署でまだ仕事に慣れていない彼女に対し、トダさんに言われるがまま無理やり距離を詰めてしまいました。
しかも私たちの意にそぐわない行動を一度したからといって、無視まで……。まるで子どものような態度をとってしまった自分のことが、今となっては恥ずかしくてたまりません。
しかしそんなことを思ってももう、あとの祭り。今は自分の行動を悔いながら、改めるところは改めて頑張っていきたいと思います。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・motte 作画・春野さくら 編集・塚田萌

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • お局様と腰巾着さんだけの問題じゃないから、これ、回りの容認グループが変わらんと、同じ状態すぐ生まれるよ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定