今の「韓国ブーム」なぜ浸透した? きっかけはあの韓ドラか - LINEヤフーが検索分析

20

2024年06月14日 09:50  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

画像提供:マイナビニュース
LINEヤフーは6月13日、昨今の韓国ブームの背景を分析したレポート「ここ数年で大注目の『韓流ブーム』はなぜ浸透した?」を公開した。


○韓流ブーム再燃のきっかけはコロナ禍の韓ドラか



「ヤフー・データソリューション」が提供するデスクリサーチツール「DS.INSIGHT」を活用し「韓ドラ」の検索数推移を見たところ2020年〜2021年にかけて現在と比較して検索ボリュームが非常に多かったことがわかった。また「海外ドラマ」と比較しても、検索数が圧倒的に多くなっている。コロナ禍で在宅時間が長くなり動画配信サービスを利用する人が増えていた中で、それらの利用者が、当時話題になっていた『愛の不時着』『梨泰院クラス』などの韓国ドラマに興味を持つようになった可能性があると同社は分析している。また、同時期に韓国のアイドルやオーディション番組の検索数推移も伸びており、コロナ禍にメディアを通して韓国の文化に触れる機会が増えたことがうかがえる。


○2020年、「韓国語 勉強」や「韓国料理 レシピ」も上昇傾向に



続いて「韓国語 勉強法」「韓国料理 レシピ」「韓国ファッション」の検索数推移を見たところ、「韓ドラ」がよく調べられていた2020年後半から2021年にかけて同様に上昇していたことがわかった。2021年の「韓国語 勉強法」の検索数は前年比231%、「韓国料理 レシピ」は141%、「韓国ファッション」は295%だった。2021年はまだ自粛要請があり、実際に韓国に行くことができなかったためか、日常の中で韓国文化に触れる行動をとっていることが見て取れる。

○コロナ禍後「韓国旅行」の検索者数は増加



「韓国旅行」の検索数推移を見たところ、海外旅行の規制が緩和され始めた2022年ごろから検索数が伸びていることがわかった。また「旅行」と一緒に検索されている地名を調べ、検索数が多い順にランキングにしたところ、北海道、ハワイ、沖縄に続いて4位につけており、また直近1年でも5位となった。


「韓国 旅行」を検索している人が前後にどんなキーワードで検索しているかを調べたところ、検索する前には「[ありがとう などの表現] 韓国語」「韓国語 勉強法」などが検索されており、韓国語の勉強と旅行との関連性がうかがえる。また、K-POPアーティストの名前や韓国の俳優の名前も見られ、韓国のドラマやアイドルなどのコンテンツに興味を持ったことで、旅行にも興味を持つようになるという可能性が考えられる。


上記グラフの左端が「韓国 旅行」の検索当日となり、右に行くほど「韓国 旅行」の検索から日にちが経過してから検索したキーワード。またグラフの上にいくほど検索数が多いキーワードとなっている。(Yumi's life)

このニュースに関するつぶやき

  • 韓流はずっとリアルタイムに見てたけど、最初は映画の「シュリ」とか「猟奇的な彼女」が不自然に大ヒットして、その後は「冬のソナタ」。ヨン様を空港に迎えに行く日本人ファンとかニュースでも取り上げてた。
    • イイネ!2
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(17件)

前日のランキングへ

ニュース設定