KADOKAWA、システム障害の業績影響は「現時点では不明」 出版・WEBなど各グループ事業の影響説明

2

2024年06月14日 16:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

KADOKAWA
 KADOKAWAは14日、同社グループの複数のウェブサイトが利用できない事象が発生していることについて声明文を発表した。システム障害に至った経緯と調査の進捗、主な事業や業務への影響範囲などについて説明した。

【画像】やばそう…大規模なサイバー攻撃で障害 ニコニコ側の説明文

 システム障害発生の経緯と調査の進捗については「8日午前3時半ごろ、当社グループデータセンター内のサーバーがランサムウェアを含む大規模なサイバー攻撃を受けたものと確認されました」と説明。続けて「被害の拡大を防ぎ、データを保全するために直ちに同データセンター内のサーバーをシャットダウンするなど緊急措置を講じており、同データセンターを共有している当社グループ内の他サービス、すなわち当社グループの複数のウェブサイトだけでなく、事業活動や経理機能を管理する基幹システムの一部にも機能停止が発生しております」とした。

 業績への影響 については「本事案による当社の当期業績への影響は現時点では不明です。影響を精査のうえ、開示すべき事項が発生した場合には、速やかに公表いたします」とした。

 今後の対応と復旧の見込みについては「現在、当社はより精緻な影響範囲の特定とシステム復旧に全力を注ぎ、影響を受けている全ての事業および業務の機能回復を速やかに図っております。その中でも、事業活動の根幹である経理機能の立て直しと、売上規模が大きい出版事業の製造・物流機能の正常化については、最優先の取り組み事項として、来週以降段階的に実現させ、6月末を目処として、安全なネットワーク、サーバ環境の構築と基幹システムの復旧を目指します」とした。その上で、 「『ニコニコ』の復旧に向けては、安全な環境下でシステムを再構築する必要があり、正確な復旧時期は被害状況の調査結果次第ですが、1か月以上かかる見込みであり、再開できるサービスから順次再開していく予定です」と伝えた。

事業および業務への主な影響については次の通り。
●出版事業
・国内における紙書籍の受注システム、デジタル製造工場・物流システムの機能を停止しております。これによる受注停止、生産量の減少と物流の遅延に伴い、出荷数量が減少しております。
・国内の紙書籍や電子書籍の編集・制作支援システムの一部機能が停止しており、一部新刊(紙書籍・電子書籍)の刊行や重版制作が遅延することが見込まれます。

●Webサービス事業
・「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」「ニコニコチャンネル」などのニコニコファミリーのサービス全般が停止するとともに、ニコニコアカウントによる外部サービスへのログインが不可能となっております。

●MD事業
・当社が運営する複数のオンラインショップにおいて、商品の受注不能や出荷の一部遅延が発生しております。

●経理業務
・経理システムにもその影響が及び、一時的に決済システムが機能停止状態となっており、その影響で一部のお取引先様への支払いに遅延が生じる可能性があります。

 情報漏洩に関しては調査中です。なお、個人情報・クレジットカード情報などの漏洩は現時点では確認されておりませんが、引き続き調査を進めてまいります。また、個人情報保護委員会に本件を報告済みです。

このニュースに関するつぶやき

  • 「何とかして」ってエンジニアだけに全振りしてませんよーに!!
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定