BTS・JIN、除隊後初イベントでARMYとの再会に感謝「みなさんの光になります」

8

2024年06月14日 17:59  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

BTS・JIN(C)BIGHIT MUSIC
 7人組グループ・BTSが、デビュー11周年を迎える記念日の13日に韓国・ソウルの蚕室(チャムシル)室内体育館でオフラインイベント『2024 FESTA』を開催。12日に除隊したグループ最年長のJINが参加した。

【写真】ファンも歓喜!BTS・JINイベント参加の様子

 『FESTA』はBTSが毎年デビュー日を記念してファンと一緒に楽しむお祭り。会場は、オープン前からARMY(ファンの通称)の熱気があふれていた。世界中から訪れたARMYは、BTSとファンにとって意味のある色である“紫色”の小物を手に、わくわくする気持ちでブースを楽しんだ。特に、フォトゾーンには大切な思い出を残すため、ファンの足が絶えず、現場に設置されたスクリーンに映ったメンバーたちの手紙も深い感動を届けた。

 JINは「2024 FESTA」に登場。12日に除隊したJINは、最初の活動としてファンとの場を選択した。JINは第1部のイベント「JIN's Greetings」で1000人と一人ひとり目を合わせながら温かいハグを交わし、第2部「2024年6月13日のソクジン、天気晴れ」では4000人のファンとの時間を過ごした。

 2部イベントは「キム・ソクジン」を連呼するファンの力強い声とともに始まった。JINは2022年に発表した初のソロシングル「The Astronaut」のミュージックビデオのワンシーンのようにステージまで自転車に乗って現れ「家に帰ってきた。再デビューした感じだ」とあいさつ。「ARMYたちを見ているだけでもエネルギーをもらって十分だ」と話した。

 JINは2021年に発表した「SUPER TUNA」のステージをファンの前で初めて披露し、会場を盛り上げた。「SUPER TUNA」はもともと1番までの曲だったが、JINはこの日のために2番を制作して初公開。ソロ曲「The Astronaut」「Moon」を歌唱し、最近流行しているチャレンジや、JUNG KOOKの「Seven(feat.Latto)」ダンスチャレンジ、ニックネームである「EATJIN」を生かしたモッパン(食事放送)をし、楽しい時間を過ごした。ファンイベントの途中では、JINを除いた6人のメンバーが送った手紙も公開された。

 JINは最後に「(今回のFESTAを)一生懸命準備した」と話し、「一途な姿で待ってくださって感謝する。僕もARMYの方々のそばをいつも回りながらみなさんの光になります」という心からの感謝の気持ちを伝えた。また、JINは家に帰るファンに紫色の花束をプレゼントし、最後まで深い余韻を残した。

 第2部「2024年6月13日のソクジン、天気晴れ」は、ARMYメンバーシップ加入者を対象にWeverseライブストリーミングも行われた。世界177ヶ国・地域の視聴者が今回のイベントを一緒に楽しんだ。

このニュースに関するつぶやき

  • 【警告】否定的なコメントはヘイトに該当します。また、あなたはネトウヨ認定されます。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

ニュース設定